Spartan-7 用 電源リファレンス

概要

ロームと、電子部品およびエンベデッド・ソリューションの大手商社であるアヴネット株式会社は、ザイリンクスの製品であるFPGA Spartan-7に最適なリファレンス電源を開発しました。
近年、FPGAの電源には高精度な低電圧や複雑な起動シーケンスなどが必要となっています。一方で設計者には小型化、省電力化、低コスト化など常に設計の更新が要求されており、これらの短期間での実現が課題となっています。ロームでは、FPGA電源として最適な電源のリファレンスデザインを提供することにより、設計者の開発負荷の軽減と市場の要求する性能の達成に貢献します。
今回リファレンスデザインを開発したザイリンクス Spartan-7は コネクティビティ、 センサ フュージョン、 エンベデッド ビジョンを活用するインダストリアル、 コンシューマアプリケーションに最適です。
ロームのリファレンス電源デザインは、ザイリンクス Spartan-7を安全に起動し、動作確認が取れている電源で構成されています。リファレンス電源として、応答特性に優れた電源IC「BD95602MUV」、各電源に要求される電流能力を備えた「BD9B305QUZ」、「BD9F500QUZ」、「BD9F800MUZ」およびDDR3L ターミネーション電源「BD35395EFJ-M」を搭載し、入力電圧12VからFPGAの電圧精度仕様を満たす電源電圧を生成すると共に起動時の起動シーケンスにも対応しています。
本リファレンスデザインの設計資料として回路図、部品表、基板レイアウトなどの情報がダウンロード可能となっています。

リファレンスボード仕様

Spartan-7用リファレンス電源デザインの内容を以下に示します。
入力電圧は12Vで搭載されたFPGAはSpartan-7 XC7S50です。
搭載された電源ICは以下の5種類となっています。

  • BD95602MUV-LB:外付けFETタイプの過渡応答特性に優れた2チャンネル同期整流降圧DC/DCコントローラです。動作周波数、過電流保護値、動作モードを端子設定可能です。
  • BD9F500QUZ:最大5Aの電流出力が可能な1チャンネル同期整流降圧DC/DCコンバータです。動作周波数、過電流保護値、動作モードを端子設定可能です。
  • BD9F800MUX:最大8Aの電流出力が可能な1チャンネル同期整流降圧DC/DCコンバータです。動作周波数を300kHz/600kHzから端子設定可能です。
  • BD9B305QUZ:最大3Aの電流出力が可能な1チャンネル同期整流降圧DC/DCコンバータです。
  • BD35395FJ-M:DDR1/2/3/3Lに対応するターミネーション・レギュレータです。シンク/ソース最大1Aの出力電流を供給可能です。
リファレンスボード仕様
Part No. Vin
(V)
Io Max.
(A)
Frequency
(MHz)
Package
(WxLxH mm)
BD95602MUV 5.5 to 28.0 Ext. 0.15 to 0.50 VQFN032V5050
FET (5.0x5.0x1.0)
BD9F500QUZ 4.5 to 36.0 5.0 0.60 / 1.00 / 2.20 VMMP16LZ3030
(3.0x3.0x0.4)
BD9F800MUX-Z 4.5 to 28.0 8.0 0.30 / 0.60 VQFN11X3535A
(3.5x3.5x0.6)
BD9B305QUZ 2.7 to 5.5 3.0 1 VMMP08LZ2020
(2.0x2.0x0.4)
BD35395FJ-M 2.7 to 5.5 ±1.0 - SOP-J8
(4.9x6.0x1.65)
リファレンスボード仕様

資料

資料イメージ

回路図、BOM、レイアウト、Simデータを
ダウンロードしていただけます。

問い合わせ先