半導体レーザー

半導体レーザーはレーザーダイオード(Laser Diode)やLDと呼ばれるオプトデバイスです。ロームの半導体レーザーは業界トップクラスの生産量を誇っております。レーザー光の単色性、直進性、可干渉性、集光性、パルス応答特性を利用して、光ディスク(オプティカルピックアップ:OPU)、レーザープリンターや複合機、その他にも様々な用途に使われております。
特に近年は、三角測量、TOF(Time of flight)、LiDAR等の光源としてレーザーが使われることが増えており、センシング用途としても半導体レーザーの発展が期待されています。
ロームの半導体レーザーは幅広い用途に応えるラインアップを取り揃えております。
エレクトロニクス豆知識
レーザーダイオードとは?
お問い合わせ

半導体レーザー
Loading...