Rohm Breadcrumb

Rohm Group

TFT液晶表示用ドライバ (1)

ロームの大型LCDパネル向けドライバは、ノートPCから大型液晶TVまでさまざまな液晶バックライトアプリケーションに対応したシリーズです。 またラピスの表示用ドライバシリーズは、大型テレビ、PC用モニタ、ノートPC、電子辞書、電卓、車のオドトリップメータ、産業機器モニタなど幅広いアプリケーションに採用され、アプリケーションによってさまざまなパネル駆動技術が使われています。ラピスセミコンダクタでは、大型TFT-LCD、小型TFT-LCD、蛍光表示管(VFD)、有機EL(OLED)など多くの商品群でお客様のニーズにお応えします。

TN/STN液晶表示用ドライバ (44)

ロームのLCDセグメントドライバは車載、AV機器の表示パネル向けなどの多様なアプリケーションにご採用いただいております。低コスト、高信頼性はもとより、EMS(磁性ノイズ)耐性向上、チップサイズの縮小化など、お客様の満足度に貢献すべく、さらにラインアップを拡充していきます。

蛍光表示管表示用ドライバ (LAPIS)

ラピスセミコンダクタは、1980年北米自動車向けに出荷して以来30年間、長期安定供給と品質においてお客様から信頼されているVFDドライバを開発し続けています。VFD(Vaccum Flurescent Display)とは、真空管の原理を応用し開発された表示デバイスです。自発光で視認性に優れており、オーディオ機器、家電製品、自動車などに採用されています。

有機EL表示用ドライバ (LAPIS)

有機ELディスプレイは、車載パネル、産業機器、民生機器の様々な機器で使用されています。ラピスセミコンダクタの有機EL表示用ドライバは、セグメント表示からドットマトリクス表示までに柔軟に対応可能な陽極/陰極単純セパレートタイプからRAM内蔵1Chipコントローラドライバの幅広いラインアップを提案します。

カークロックドライバ (LAPIS)

カークロックドライバは車両に採用される表示パネルの種類に合わせ、LCD用・VFD用の2種類をラインアップしています。両ドライバ共に、時・分・および30分の時刻修正が可能です。