BP3595
アンテナ内蔵タイプ小型無線LANモジュール

BP3595は、IEEE802.11b/g/n準拠ベース TCP/IPプロトコルスタック内蔵の無線LANモジュールです。本モジュールはBP3591の機能を維持したままサイズダウンした小型タイプのモジュールで、BP3591/BP3599と同じソフトウェアコンパチビリティとなっていますので、過去の開発資産がそのまま活用できます。また最適化されたアンテナ設計が既に施されている為、ユーザーは一切の高周波設計が不要です。更に国内電波法認証取得済みなので、お客様のセットに組み込んで直ぐに無線設備として使用できます。

ファームウェアの更新情報をお届け!メール通知の設定方法(PDF)

主な仕様

 
形名 | BP3595
供給状況 | 推奨品
パッケージ |
包装数量 | 300
最小個装数量 | 25
包装形態 | トレイ
RoHS | Yes

特性:

アンテナ

Built-in

実装方法

Connector Joint Type

Vin[V]

3.1 to 3.5

ホストCPUインタフェース

USB / SDIO / UART

対応規格

IEEE802.11b/g/n

外形寸法 [mm]

15.3x27.6x2.6

動作温度範囲(Min.)[℃]

-40

動作温度範囲(Max.)[℃]

85

特長:

・日本および米国とカナダの電波法認証を取得済みで、電波認証のためのコストと期間を短縮
・IEEE802.11b/g/n
・IEEE802.11i(セキュリティ規格)
・WPS1.0(Wi-Fi protected Setup)対応
・TCP/IPプロトコルスタック搭載可能
・パターンアンテナ内蔵

評価ボード

 

デザインリソース

 

ドキュメント

ユーザーズガイド

  • 無線LAN モジュール スタートアップマニュアル
  • BP359C 評価ボード
  • BP359F 評価ボード

テクニカルリファレンス

  • 無線LANモジュール コマンドリファレンス
  • Linux Driver Sample Source
  • Firmware STA mode USB Interface
  • Firmware STA mode SDIO Interface
  • Firmware STA mode UART Interface
  • Firmware AP mode USB Interface
  • Firmware AP mode SDIO Interface
  • Firmware AP mode UART Interface
  • アクセスポイントとステーションがソケットを使ってTCP、UDP通信をするサンプルプログラム
  • RSSIを周期的に表示するサンプルプログラム

アプリケーションノート

  • 無線LANモジュール スループット
  • 無線LANモジュール パワーマネジメント時の消費電流
  • 無線LANモジュール リセット制御仕様
  • 無線LANモジュール 現品表示
  • 無線LANモジュール 詳細端子表
  • 無線LANモジュール 日本電波法認証済外付けアンテナリスト