BH25PB1WHFV
1ch 150mA CMOS LDOレギュレータ

ロームのポータブル機器向け低ドロップアウトレギュレータは、自社CMOSプロセスを用いて低消費電力・高精度を実現。オートパワーセーブCMOS LDOレギュレータシリーズは、出力電流の変化にあわせてレギュレータの特性を最適な状態へ自動切り換え可能としたシリーズレギュレータです。セットが待機状態の時は、レギュレータの自己消費電流を約2μAまで低下させ、消費電力を押さえます。通常電流時には、高速動作モードへ自動的に切り換わります。また、ソフトスタート機能を使用することで、立上げ時、出力コンデンサへの突入電流を低減することもできます。パッケージには放熱性に優れたHVSOF5パッケージを採用し、省スペース設計に貢献します。

データシート 在庫確認*
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。
車載機器への使用は推奨されていません。

主な仕様

 
形名 | BH25PB1WHFV-TR
供給状況 | 購入可能
パッケージ | HVSOF5
包装数量 | 3000
最小個装数量 | 3000
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

グレード

Standard

耐圧(Max.)[V]

6.5

ch

1

Vin(Min.)[V]

1.7

Vin(Max.)[V]

5.5

Vout (Typ)[V]

2.5

Vout Precision

±1.0%(High speed), -3.0% to +3.8%(Low Icc)

Iout(Max.)[A]

0.15

Circuit Current[mA]

0.02

Output Short Current[mA]

50

Shutdown Function

Yes

Thermal Shut-down

Yes

Over Current Protection

Yes

Over Voltage Protection

No

Discharge Function

Yes

Soft Start

No

I/O Voltage Difference (Typ.)[V]

0.21(Io=0.1A)

Ripple Rejection [dB]

60.0

Load Regulation[mV]

10(Io=10 to 100mA)

Input Capacitor[µF]

0.47

Output Capacitor[µF]

0.47

動作温度範囲(Min.)[℃]

-40

動作温度範囲(Max.)[℃]

85

特長:

・低消費モード・高速モード自動切換え
・突入電流防止回路内蔵
・低電圧1.7V動作

デザインリソース

 

ドキュメント

アプリケーションノート

  • リニアレギュレータのPCBレイアウトについて

技術記事

回路設計・検証

  • リニアレギュレータの基礎
  • リニアレギュレータのスペック
  • リニアレギュレータの逆電圧保護
  • リニアレギュレータの電源 オン/オフ特性
  • リニアレギュレータの簡易的な安定性実験
  • LDO の並列接続
  • 電源が起動しないトラブル事例
  • 汎用電源ICによる電源シーケンス回路
  • リニアレギュレータICの出力電圧設定抵抗表
  • リニアレギュレータやローパスフィルタを用いたスイッチングノイズ抑圧方法
  • 周波数特性分析器(FRA)による位相余裕測定方法
  • SPICEマクロモデル使用方法(LDO編)
  • BAxxCC0 シリーズの出力セラミックコンデンサを使用した回路
  • パワー測定におけるプローブ校正の重要性 デスキュー編
  • バイパスコンデンサのインピーダンス特性

熱設計

  • リニアレギュレータの熱計算
  • パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて

モデルとツール

2D/3D/CAD

  • HVSOF5 Footprint / Symbol

パッケージと品質データ

パッケージ情報

  • 実装仕様書
  • 耐ウィスカ性能について

製造データ

  • 製造工場一覧

環境データ

  • UL94 難燃性クラスについて
  • ELV指令適合証明書
  • REACH高懸念物質(SVHC)の不使用証明書
  • RoHS委員会委任指令適合証明書

輸出関連情報

  • The Export Control Order
  • 米国輸出規制 (EAR) について