Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

車載向け低Duty LCDセグメントドライバ - BU91520KV-M

BU91520KV-Mは1/4、1/3デューティ車載用途汎用LCDドライバで、最大276セグメントのLCDを表示することが可能です。本製品は、高い液晶電圧駆動や高いフレーム周波数駆動をサポートすることで、表示品位の良いVA液晶の駆動も可能です。+105℃動作もサポートし、最大6出力の汎用/PWM出力を制御でき、豊富な周波数設定機能により、フリッカーなしでLEDバックライトやLEDボタンのイルミネーションを実現できます。また最大で30 keyのキースキャン機能も内蔵していますので、PCB上の配線削減や、MCUのサイズダウンやコストダウンも可能です。TTLレベル入力をサポートしてますので、様々な電源電圧のMCUに直接接続することが可能です。

形名 | BU91520KV-ME2
供給状況 | 供給中
パッケージ | VQFP80
包装数量 | 1000
最小個装数量 | 1000
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

グレード

Automotive

セグメント数

276

デューティ

1/4, 1/3

バイアス

1/3, 1/2

Elements of MUX 1:3

207

Elements of MUX 1:4

276

インタフェース(ピン数)

3wire+KEYOUT

インタフェース電源電圧 (Min.)[V]

2.7

インタフェース電源電圧 (Max.)[V]

6.0

Max汎用出力ポート [port]

6

Max KEYSCAN[Key]

30

TTL input Support

Yes

LCD駆動波形

Line/Frame

動作温度範囲(Min.)[°C]

-40

動作温度範囲(Max.)[°C]

105

特長:

  • 1/4, 1/3デューティ駆動選択可能
    1/4デューティ駆動:最大276セグメント
    1/3デューティ駆動:最大207セグメント
  • 1/3, 1/2バイアス選択可能
  • TN LCDからVA LCDまで対応できる2.7V~6.0Vの広範囲動作可能
  • 液晶駆動回路内蔵
  • フレーム周波数用発振回路内蔵
  • ライン/フレーム反転駆動選択可能
  • 汎用出力/PWM出力 6チャンネル内蔵 (SEG切り替え)
  • 256諧調PWMでバックライト・ボタンLEDの調光が可能
  • 49Hz~195Hz 8設定のフレーム周波数切替え可能
  • 146Hz~2.34KHz 16設定のPWM周波数切替え可能
  • 3線シリアルインターフェース採用 + KEY出力
  • TTL入力レベル対応で3.3V MCUとレベルシフタ不要で接続が可能
  • 最大30キー入力検知機能内蔵(SEG切り替え)
  • 電圧検知型パワーオンリセット内蔵
  • 外付け部品不要
  • 低消費電力設計
  • 105℃動作保証対応、AEC-Q100 Grade2準拠