RBR10T60ANZ
低VF 60V 10A ITO-220AB ショットキーバリアダイオード

RBR10T60ANZは一般整流用に最適なショットキーバリアダイオードです。

データシート 在庫確認*
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。
車載機器への使用は推奨されていません。

主な仕様

 
形名 | RBR10T60ANZC9
供給状況 | 購入可能
パッケージ | TO-220FN (3PIN)
包装数量 | 500
最小個装数量 |
包装形態 | バルク
RoHS | Yes

特性:

グレード

Standard

Configuration

C-Common

パッケージコード

ITO-220AB

パッケージサイズ [mm]

10.0x15.0 (t=4.5)

実装方法

Leaded type

端子数

3

尖頭逆方向電圧 VRM [V]

60

直流逆方向電圧 VR [V]

60

平均整流電流 IO[A]

10.0

尖頭順サージ電流 IFSMシングル[A]

50.0

順方向電圧 VF(Max.) [V]

0.68

IF @順方向電圧 VF[A]

5.0

逆方向電流 IR(Max.) [mA]

0.2

VR @逆方向電流 IR [V]

0

保存温度範囲 (Min.) [℃]

-55

保存温度範囲 (Max.) [℃]

150

特長:

N/A

デザインリソース

 

技術記事

回路設計・検証

  • スイッチング波形のモニタ方法
  • パワー測定におけるプローブ校正の重要性 デスキュー編
  • バイパスコンデンサのインピーダンス特性

熱設計

  • 熱設計とは
  • 過渡熱抵抗データからジャンクション温度を求める方法
  • 熱電対を用いた温度測定における注意点
  • 熱シミュレーション用 2抵抗モデル
  • pn接合の順方向電圧を用いた温度測定の注意点
  • 熱モデルとは(ダイオード)
  • 熱抵抗RthJC の測定方法と使い方
  • 熱電対でパッケージ裏面を測定するときの注意点

モデルとツール

シミュレーション(ログイン必要)

ROHM Solution Simulatorは、部品選定やデバイス単体検証などの初期段階からシステムレベルの検証段階まで、幅広いシミュレーションを実行できるWebシミュレーションツールです。基板発注前に不具合箇所を抽出したり、パワー回路に多いトラブルを未然に防止することが期待でき、アプリケーション開発の大幅な工数削減に貢献します。
  • DC-DC Converter C012: LLC Buck Converter Vo=12V Io=250A
  • DC-DC Converter C013: Phase-Shift Buck Converter Vo=12V Io=250A

デザインモデル

  • RBR10T60ANZ SPICE Model
  • PSpiceモデルのシンボル作成方法

特性データ

  • 静電気耐圧データ

パッケージと品質データ

パッケージ情報

  • 外形寸法図
  • 内部構造図
  • 包装仕様
  • 標印仕様説明
  • 耐ウィスカ性能について
  • はんだ付け条件

製造データ

  • 信頼性試験結果

環境データ

  • 構成物質一覧表
  • UL難燃性について
  • REACH規制-高懸念物質非含有について : クリックしてお問い合わせください
  • RoHS/ELV指令適合証明書

輸出関連情報

  • 輸出貿易管理令について