BP3622 (新製品)
広範囲給電型ワイヤレスチャージャーモジュール (受電モジュール)

ロームの13.56MHzワイヤレスチャージャーモジュールは小型センサー機器やウェアラブル機器向けに設計されました。Qi規格では困難な超小型機器の無線充電を実現します。13.56MHzはNFC通信規格と同じ周波数帯のため、給電とNFC通信のアンテナ共通化が可能です。アンテナ設計とマッチング調整済みのモジュールBP3621(送電)とBP3622(受電)をペアで使用することで、アンテナ設計とマッチング調整の開発工数を大幅に削減します。

主な仕様

 
形名 | BP3622
供給状況 | 推奨品
パッケージ | BP3622
包装数量 | 300
最小個装数量 |
包装形態 | トレイ
RoHS | Yes

特性:

送電/受電

Power Receiver

モジュールタイプ

Wide Range Type

モジュールサイズ [mm]

24x17 (t=1.5)

重量 [g]

0.38

出力電力 (Max.)[mW]

200

給電範囲 (d)[mm]

10

インターフェース

8pin, 0.5mm pitch, FPC connector

動作温度範囲(Min.)[℃]

-10

動作温度範囲(Max.)[℃]

50

特長:

  • Wireless power receiver
  • Optimized for wireless charging with BP3621
  • 212 kbps wireless communication

製品概要

 

背景

近年、スマートフォン、スマートウォッチなど幅広いアプリケーションで、接点端子を無くし、防水・防塵性を高めることができる無線給電機能の導入が加速しています。しかし、既存の無線給電規格は周波数が低く、規格準拠するためにはアンテナの小型化に限界があり、より汎用的に小型機器で利用できる規格・方式への期待が高まっています。また無線給電機能は、アンテナ形状・サイズ・距離によって給電効率が変わるため、その実装には電子機器側で試作・調整・評価等を繰り返す必要があり、アンテナ設計・レイアウト設計において、非常に多くの開発負荷が課題となっていました。
こうした中、ロームでは小型・薄型機器で無線給電機能を容易に実現できる13.56MHzワイヤレスチャージャーモジュールを開発しました。

概要

BP3621/BP3622は、13.56MHz高周波数帯を用いた小型無線給電システムを構築するために、最適なアンテナ(コイル)・レイアウト設計技術を搭載したおよそ20mm~30mm角サイズの小型モジュールで最大200mWまでの給電量に対応します。これまで無線給電化が難しかった小型・薄型機器への実装を容易にするとともに、裏面フルフラットの基板構造により筐体設計の自由度向上にも貢献します。また、送電モジュールと受電モジュールをペアで使用することにより、給電効率の最適化に必要な試作・調整・評価等の開発工数も削減。さらに、内蔵アンテナで双方向のデータ通信やNFC Forum Type3 Tag*1に対応できるため、アプリケーションの通信機能拡張にも貢献します。

ワイヤレスチャージャーの応用領域

残されたワイヤー「電源ケーブル」を無くす技術です。接点端子を無くすことができるため、モバイル機器から産機まで広範囲なアプリケーションで活用が期待されています。

ウェアラブル・医療/ヘルスケア・モバイル・大型家電・センサ・PC周辺/民生機器・PC・ロボット

ワイヤレスチャージャーとは?

給電量が200mWまでの無接点給電を可能とする技術であり、小型電子機器に最適!

特長

1.アンテナ基板一体型モジュールにより開発工数を大幅削減し、容易に無線給電機能を実現

BP3621/BP3622は、ローム独自のシミュレーションを駆使したアンテナ設計技術およびマッチング調整、配線ロスを低減する基板レイアウト設計技術を搭載したアンテナ基板一体型のモジュールです。送電モジュールと受電モジュールをペアで使用することにより、最大200mWの給電量を実現します。アンテナと制御回路を別で構成する場合と比べて、給電特性を保証しているため、アンテナ設計・レイアウト設計や給電評価を行うことなく製品評価が可能。開発工数や基板修正における設計負荷を大幅に削減し、容易に無線給電機能を実現できます。

開発フロー比較イメージ

2.13.56MHz高周波数帯の採用でモジュールの小型化を実現、筐体設計の自由度向上に貢献

BP3621/BP3622は、スマートタグなどの小型機器やマウスなどのPC周辺機器に向けて、13.56MHz高周波数帯の磁界共鳴方式*2採用によりアンテナを小型化。既存の無線給電規格で難しかったアンテナ・マッチング回路・ワイヤレスチャージャーICを内蔵した小型モジュールを実現しました。また、無線給電製品として接点端子をなくして防水・防塵性を高めるだけでなく、搭載部品をすべて表面に実装した裏面フルフラットの基板構造により、筐体への貼り付けを容易にすることで、筐体構造のシンプル化や設計の自由度向上に貢献します。

製品のサイズと裏面のフラット構造

3.モジュール内蔵のアンテナでアプリケーションのデータ通信機能拡張に貢献

BP3621/BP3622は、NFC通信規格と同じ13.56MHzの高周波数帯を使用しているため、モジュール内蔵のアンテナで給電と通信の双方に対応できます。双方向のデータ通信(通信速度212kbpsで最大256バイト)やNFC Forum Type3 Tagのタグ通信が可能となり、ファームウェアのダウンロード、センサデータ・デバイス情報・認証情報のセキュアなデータ転送や書き換え、バッテリー出力電圧値の転送といったアプリケーションのデータ通信機能拡張に貢献します。