BD9P233MUF-C
車載向け 3.0V~36V入力 2.0AFET内蔵 1ch同期整流 低暗電流降圧DC/DC コンバータ

BD9P233MUF-Cは3.3V出力の低暗電流降圧コンバータです。LLM(Light Load Mode)により重負荷及び軽負荷時共に低消費と高効率を実現した降圧DC/DCコンバータです。

主な仕様

 
形名 | BD9P233MUF-CE2
供給状況 | 推奨品
パッケージ | VQFN32FAV050
包装数量 | 2500
最小個装数量 | 2500
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes
Functional Safety | FS supportive

特性:

グレード

Automotive

標準規格

AEC-Q100 (Automotive Grade)

ch数

1

FET 内蔵/外付

Integrated FET

トポロジ

Buck

同期整流 / 非同期整流

Synchronous

Vin1(Min.)[V]

3.0

Vin1(Max.)[V]

36.0

Vout1(Min.)[V]

3.3

Vout1(Max.)[V]

3.3

Iout1(Max.)[A]

2.0

SW周波数 (Max.)[MHz]

2.4

軽負荷モード

Yes

EN

Yes

PGOOD

Yes

動作温度範囲(Min.)[℃]

-40

動作温度範囲(Max.)[℃]

125

特長:

  • Nano Pulse Control®
  • AEC-Q100対応(Grade 1)
  • 低ドロップアウト動作: 100% ON Dutyサイクル
  • Light Load Mode(LLM)
  • スペクトラム拡散機能
  • スイッチング周波数可変
  • 外部同期機能
  • 温度保護機能
  • 入力低電圧誤動作防止機能
  • 過電流保護機能
  • 出力過電圧保護機能
  • Power Good機能

デザインリソース

 

ドキュメント

ホワイトペーパー

  • SiCパワーデバイスと駆動ICを一括検証できる業界最先端のWebシミュレーションツール「ROHM Solution Simulator」

技術記事

回路設計・検証

  • DCDCコンバーターによって伝導されるエミッションを削減するための入力フィルターの検討
  • スイッチング回路の電力損失計算
  • Considering Polarity of Power Inductor to Reduce Radiated Emission of DC-DC converter
  • スイッチング波形のモニタ方法
  • 降圧コンバータのPCBレイアウト手法
  • 電流モード降圧コンバータの位相補償設計
  • 降圧コンバータにおけるブートストラップ回路
  • 降圧DC/DC コンバータの周辺部品定数決定方法
  • 汎用電源ICによる電源シーケンス回路
  • リニアレギュレータやローパスフィルタを用いたスイッチングノイズ抑圧方法
  • 周波数特性分析器(FRA)による位相余裕測定方法
  • SPICE マクロモデル使用方法(DC/DC編)
  • 降圧コンバータIC のスナバ回路
  • 降圧コンバータの効率
  • 電力損失の求め方(同期整流タイプ)
  • 降圧コンバータICのインダクタ計算
  • 降圧コンバータに使用するパワーインダクタの留意点
  • 降圧コンバータICのコンデンサ計算
  • 降圧コンバータに使用する積層セラミックコンデンサの留意点
  • 降圧コンバータICの出力電圧設定用抵抗値早見表
  • パワー測定におけるプローブ校正の重要性 デスキュー編
  • バイパスコンデンサのインピーダンス特性

熱設計

  • 熱電対を用いた温度測定における注意点
  • 熱シミュレーション用 2抵抗モデル
  • pn接合の順方向電圧を用いた温度測定の注意点
  • パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて
  • 熱電対でパッケージ裏面を測定するときの注意点

モデルとツール

2D/3D/CAD

  • VQFN32FAV050 Footprint / Symbol

パッケージと品質データ

製造データ

  • 製造工場一覧

環境データ

  • REACH高懸念物質(SVHC)の不使用証明書