Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

超低消費電流 昇降圧DC/DCコンバータ - BD83070GWL (新製品)

BD83070GWLは、小型電池で駆動する電子機器に対する「低消費エコデバイスの決定版」を目指して開発された超低消費電力の昇降圧型電源ICです。電動歯ブラシやシェーバーといった電池駆動機器の動作時(負荷電流 200mA時)において、低損失のMOSFETを内蔵することで電力変換効率97%を実現、低消費電流回路を搭載したことで消費電流も2.8µAを実現しています。アプリケーションスタンバイ時(負荷電流 100µA時)においても一般品と比較して大きく効率に優れており、1.53倍電池を長持ちさせることができる(ローム調べ)など、小型電池で動くあらゆる電子機器の長時間駆動に貢献します。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。

製品概要

近年、モバイル機器、ウェアラブル機器やIoT機器など、バッテリーで駆動する電子機器があらゆるところで利用されています。そして、これらに搭載されるデバイスには、デザイン性向上や新機能搭載用スペース確保のために小型化、バッテリーの持ちを良くするために極限までの低消費電力化が求められます。
ロームは、アナログ設計技術やパワー系プロセスなど、垂直統合型の生産体制を活かし、市場ニーズに応える電源ICを開発してきました。なかでもモバイル機器向けには、昇圧電源IC「BU33UV7NUX」や降圧電源IC「BD70522GUL」など高効率・超低消費電力の電源ICで、電池駆動アプリケーションの駆動時間延伸に貢献しています。今回、業界最高性能の昇降圧電源ICもラインアップすることで、さらなるアプリケーション対応を可能にします。

サンプル購入はこちら

最高峰の省エネ性能を誇るモバイル機器向け電源ICラインアップ

機能 品番 消費電流 入力電圧 出力電圧 最大出力電流 動作周波数 最高効率 パッケージ
昇圧 BU33UV7NUX 7µA
(MODE=L)
13µA
(MODE=H)
0.6 ~ 4.5V 3.3V 50mA
(MODE=L)
500mA
(MODE=H)
800kHz 91%
@1mA
VSON010X3020
(3mm x 2mm)
降圧 BD70522GUL 0.18µA 2.5 ~ 5.5V 1.2, 1.5, 1.8, 2.0, 2.5, 2.8, 3.0, 3.2, 3.3V 500mA 1MHz 90%
@10µA
VCSP50L1C
(1.76mm x 1.56mm)
昇降圧 BD83070GWL 2.8µA 2.0 ~ 5.5V 2.5, 3.3V 1000mA 1.5MHz 97%
@200mA
UCSP50L1C
(1.2mm x 1.6mm)

特長

1.業界最高効率97%など、幅広い負荷電流帯で超高効率を実現

モバイル機器向け昇圧電源IC 負荷電流別電力変換効率比較/新製品のアプリケーション例
パワー系プロセス0.13µmのBiCDMOSを採用した低損失のMOSFETを内蔵したことで、各種電池駆動機器(電動歯ブラシやシェーバーなど)が動作するときの負荷電流 200mA時に業界最高の電力変換効率97%、それ以外の軽負荷から最大負荷(100μAから1A)でも90%以上の高効率を実現しました。
また、ローム独自の制御技術「 X エックス Ramp ランプ PWM ピーダブリュエム 制御」を搭載しており、入力電圧に対して昇圧と降圧が切り替わる際にもシームレスな昇降圧遷移を行うことができます。
※出願特許番号 2015-121194, 2016-243569, 2018-023007

 

2.昇降圧電源ICで業界トップクラスの超低消費電流2.8µAを実現

超低消費電流と高速応答性を両立する低消費電流回路や損失を低減するために負荷に応じてスイッチ制御を最適化するなど、ロームの低消費電流向けアナログ技術を結集することで、昇降圧電源ICでは業界トップクラスの2.8µAを実現しました。
※出願特許番号 2016-253301, 2016-253303

アプリケーション例

◇IoT機器などのコイン電池搭載電子機器
◇スマートフォンやタブレットPCなどLi-ionバッテリー搭載電子機器
◇玩具、電動歯ブラシなどの乾電池搭載電子機器

など、アプリケーションや動作条件を問わず、あらゆる小型電池搭載アプリーションの長時間駆動に貢献します。

用語説明

*1) DC/DCコンバータ、降圧、昇圧、昇降圧
電源ICの一種で直流(DC)から直流へ電圧を変換する機能を持つ。一般的に電圧を下げる“降圧”、電圧を上げる“昇圧”が存在する。“昇降圧”は入力電圧に応じて昇圧と降圧を切り替えることができるが、回路が冗長になるため応答性や消費電流に課題がある。