Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

照度・近接一体型センサ - RPR-0521RS

RPR-0521RSは、光学式近接センサと赤外LED(IrLED)、デジタル照度センサを1chip化したモジュールです。
近接センサ (PS) はIrLEDから放射された光の近接物による反射光により、人や物体が近づいたことを検出します。また、照度センサ (ALS)は、暗がりから直射日光までの幅広い範囲の照度を測定できます。照度データに応じて、LCDディスプレイやキーパッドの輝度を調整することにより、セットの低消費電力化や画面の視認性を向上させることができます。

形名 | RPR-0521RS
供給状況 | 供給中
パッケージ | RPR-0521RS
包装数量 | 2500
最小個装数量 | 2500
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

タイプ

PS + ALS

出力タイプ

I2C

動作電圧[V]

2.5 to 3.6

感度ばらつき[%]

±40

照度測定範囲[lx]

0 to 43,000

動作温度範囲 (Min.)[°C]

-25

動作温度範囲 (Max.)[°C]

85

特長:

  • I²Cバスインターフェース対応(f/s mode support )
  • 1.8V ロジック入力インターフェース対応
  • パワーダウン機能により低電流化が可能。
  • 照度センサの波長感度ピークは可視光領域(Data0)と赤外光領域(Data1)の2出力対応
  • 照度センサは広い入力光範囲に対応
  • 照度センサは50Hz / 60Hz 光ノイズ除去機能搭載
  • 広い近接検出レンジに対応1 - 100mm (I²Cにより調整可能)
  • 可変設定可能なIrLED用電流ドライバ回路内蔵