BD63006MUV
3相ブラシレスモータドライバ

BD63006MUVは、電源電圧定格33V、出力電流定格1.5Aの3相ブラシレスモータドライバです。ホールセンサ信号から駆動信号を生成し、入力された制御信号によりPWM駆動することができます。また、電源は12V系・24V系どちらにも対応しており、各種制御・保護機能の内蔵により、様々なアプリケーションへの対応が可能となっています。小型パッケージの採用により、小径モータへの搭載も可能です。

データシート 在庫確認
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。
車載機器への使用は推奨されていません。
データシート 在庫確認

主な仕様

 
形名 | BD63006MUV-E2
供給状況 | 推奨品
パッケージ | VQFN024V4040
包装数量 | 2500
最小個装数量 | 2500
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

グレード

Standard

用途

OA machines

タイプ

Driver

耐圧[V]

33.0

動作電圧(Max.)[V]

28.0

動作電圧(Min.)[V]

8.0

出力電流[A]

1.5

通電方式[°]

120

センサタイプ

3 sensor

速度制御入力信号

PWM

ファンモータ対応

-

動作温度範囲(Min.)[℃]

-40

動作温度範囲(Max.)[℃]

85

特長:

  • 120°通電ロジック回路内蔵
  • 低ON抵抗DMOS出力
  • PWM制御方式(下側アームスイッチング)
  • パワーセーブ回路内蔵
  • 回転方向切り換え可能
  • ショートブレーキ可能
  • FG出力(1FG/3FG切り換え可能)
  • 電流制限回路内蔵 (CL)
  • 過熱保護回路内蔵 (TSD)
  • 過電流保護回路内蔵 (OCP)
  • 不足電圧保護回路内蔵 (UVLO)
  • 過電圧保護回路内蔵 (OVLO)
  • 拘束保護回路内蔵 (MLP)

デザインリソース

 

技術記事

回路設計・検証

  • スイッチング波形のモニタ方法
  • パワー測定におけるプローブ校正の重要性 デスキュー編
  • バイパスコンデンサのインピーダンス特性

熱設計

  • 熱電対を用いた温度測定における注意点
  • 熱シミュレーション用 2抵抗モデル
  • pn接合の順方向電圧を用いた温度測定の注意点
  • パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて
  • 熱電対でパッケージ裏面を測定するときの注意点

モデルとツール

シミュレーション(ログイン必要)

  • 回路データのエクスポート方法 (ROHM Solution Simulator)

2D/3D/CAD

  • VQFN024V4040 Footprint / Symbol

パッケージと品質データ

パッケージ情報

  • 実装仕様書
  • 耐ウィスカ性能について

製造データ

  • 製造工場一覧

環境データ

  • UL94 難燃性クラスについて
  • ELV指令適合証明書
  • REACH高懸念物質(SVHC)の不使用証明書
  • RoHS委員会委任指令適合証明書

輸出関連情報

  • 輸出貿易管理令について
  • 米国輸出規制 (EAR) について