Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

車載向け Multiple Input Switch Monitor LSI - BD3378MUV-M (新製品)

BD3378MUV-Mは22チャネルのスイッチ入力監視LSIです。各チャネルに接続されるメカニカルスイッチの状態変化を監視し、MCU へ割込みを発生させます。シリアルインタフェースを使用して、割込み要因の読み出しや内部レジスタへの書き込みを行います。22 チャネルのスイッチ入力は、VPUB、VPUAの2つの電源系統に分類されており、バッテリー系と電源制御系 に分類して使用することが可能です。 動作モードとして、ノーマルモードとスリープモードの2つを備えています。各モードはレジスタの設定により、 スイッチ端子の常時監視設定や間欠監視設定が可能です。間欠監視設定時は一定周期でスイッチ状態変化を監視し、 低消費電力化が可能です。また、電源系統別シーケンシャル動作や全スイッチ一律シーケンシャル動作設定によ り、ノイズを低減した動作が可能です。

形名 | BD3378MUV-ME2
供給状況 | 供給中
パッケージ | VQFN48MCV070
包装数量 | 1500
最小個装数量 | 1500
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

動作電源電圧 (Min.) [V]

6.0

動作電源電圧 (Max.) [V]

28.0

VDDI電源電圧 (Min.)[V]

3.1

VDDI電源電圧 (Max.)[V]

5.25

スイッチ入力数

22

スイッチ入力電圧 (Min.)[V]

-14.0

スイッチ入力電圧 (Max.)[V]

40.0

ウェッティング電流値(Min)

1mA, 3mA, 5mA, 10mA, 15mA

ウェッティング電流タイプ

Pull up / Pull down

間欠監視動作電流 (µA)

100

制御インターフェース

SPI

クロック周波数 (Max.)[MHz]

4.4

動作温度範囲(Min.)[°C]

-40

動作温度範囲(Max.)[°C]

125

特長:

  • AEC-Q100対応(Grade 1)
  • 3.3V/5.0V対応のシリアル通信のスレーブ
  • 8bit CRCによるシリアル通信エラーチェック
  • 過温度検出機能(TSD)
  • パワーオンリセット(POR)
  • ソース/シンク電流値のレジスタ選択
  • ウェッティング電流タイマ設定
  • 8本のソースまたはシンク入力端子(VPUA系)
  • 14本のソース入力端子 (VPUA系:8本、VPUB系:6本に電源分離可)
  • 入力端子の状態変化による割込み通知
  • 全入力端子ノイズ除去用1回~6回一致LPF
  • 低消費電力動作(間欠監視)
  • 入力端子状態をデジタル出力するDMUX端子