BU8254KVT
35bit LVDSトランスミッタ 35:5 シリアライザ

ロームのLVDSインタフェースLSIは、8MHzから150MHzと非常に幅広い動作周波数範囲と35bitから70bitの伝送ビット数に応じたシリアライザー・デシリアライザーのラインアップを取り揃えております。データを7倍速で高速シリアル伝送が可能なためケーブルの本数を1/3以下に削減できます。より一層の低EMIが期待できる低スイングモードも備えています。また250MHz動作の4bit LVDSドライバ・レシーバも取り揃えており、液晶TVなどのデジタル家電、複合機などの事務機、計測機器、医療機器などに幅広くお使いいただけます。

データシート 在庫確認*
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。
車載機器への使用は推奨されていません。

主な仕様

 
形名 | BU8254KVT-E2
供給状況 | 購入可能
パッケージ | TQFP64V
包装数量 | 1000
最小個装数量 | 1000
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

Sub Family

LVDS SerDes

機能

Serializer

入力信号タイプ

LVCMOS

出力信号タイプ

LVDS

出力チャンネル数

5

クロック周波数 (Min.) [MHz]

8.0

クロック周波数 (Max.) [MHz]

112.0

データレート [Mbps]

784

パラレルバス幅

35

電源電圧 (Min.) [V]

3.0

電源電圧 (Max.) [V]

3.6

電源電圧 (Typ.) [V]

3.3

動作温度範囲(Min.)[℃]

-40

動作温度範囲(Max.)[℃]

85

特長:

・35bitのLVCMOSレベルの入力信号を5チャンネルのLVDSデータストリームで伝送
・30bitのRGBとコントロール信号(HSYNC、VSYNC、DE、CNTL1、CNTL2)は1チャンネルあたり784Mbpsで伝送
・動作周波数8MHzから112MHz
・コンスマー系ビデオ信号では480i、480p、720p、1080iをサポート
・ラッチするエッジが選択可能
・パワーダウンモード
・スペクトラム拡散クロックジェネレーターをサポート
・低EMIのためにLVDSのスイング幅を選択可能
・30bitsLVDSレシーバーはBU90R104を推奨

デザインリソース

 

ドキュメント

アプリケーションノート

  • BU8254KVT, BU90R104

技術記事

回路設計・検証

  • バイパスコンデンサのインピーダンス特性

熱設計

  • パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて

パッケージと品質データ

パッケージ情報

  • 実装仕様書
  • 耐ウィスカ性能について

製造データ

  • 製造工場一覧

環境データ

  • UL94 難燃性クラスについて
  • ELV指令適合証明書
  • REACH高懸念物質(SVHC)の不使用証明書
  • RoHS委員会委任指令適合証明書

輸出関連情報

  • 輸出貿易管理令について
  • 米国輸出規制 (EAR) について