Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

10bit 4ch D/Aコンバータ - BU2508FV

BU2507FV、BU2508FVは10bit R-2R型DACをそれぞれ6ch、4ch搭載したLSIです。DAC出力の上限値/下限値を独立に設定可能な端子を有しており、アプリケーションに最適な電圧範囲に合わせることが容易に可能です。各チャンネルは出力応答特性を高速化したフルスイング出力タイプのバッファアンプを内蔵しており、安定待機時間を大幅に短縮できます。デジタル入力はTTLレベル入力に対応し、データ転送クロックの周波数は最大10MHzまで対応可能です。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名 | BU2508FV-E2
供給状況 | 供給中
パッケージ | SSOP-B14
包装数量 | 2500
最小個装数量 | 2500
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

分解能[bit]

10

チャンネル数

4

インタフェース

LD

データ転送周波数[MHz]

10

セトリング時間[µs]

20

電源電圧(Min.)[V]

4.5

電源電圧(Max.)[V]

5.5

動作温度範囲(Min.)[°C]

-30

動作温度範囲(Max.)[°C]

85

特長:

・R-2R方式の高性能10bitD/A コンバータを多チャンネル内蔵
(BU2507FV:6チャンネル、BU2508FV:4チャンネル)
・各チャンネルの出力は、フルスイング出力タイプのバッファアンプを内蔵
・Reset端子により、全チャンネルの出力を下側基準電圧に固定可能
・デジタル入力はTTLレベル入力に対応
・14bit3線シリアルデータ + リセット信号にって入力 (アドレス4bit + データ10bit)
・0.65mm ピッチ 14 ピン (SSOP-B14) の小型パッケージを採用