BH76809FVM
出力コンデンサレス1出力ビデオドライバ

チャージポンプ回路の内蔵により、従来のビデオドライバで必要不可欠であったビデオ出力端子の大容量のタンタルコンデンサを不要にしました。携帯機器向けに適した帯域のLPF内蔵、スタンバイ時の消費電流0μA、2.5Vからの低電圧動作などの特長により、デジタルスチルカメラや携帯電話など高密度実装、低消費電力が要求される機器に最適です。

データシート 在庫確認*
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。
車載機器への使用は推奨されていません。

主な仕様

 
形名 | BH76809FVM-TR
供給状況 | 推奨品
パッケージ | MSOP8
包装数量 | 3000
最小個装数量 | 3000
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

Vcc(Min.)[V]

2.5

Vcc(Max.)[V]

3.45

Iq[mA]

16.0

I/F

PORT

Number of Inputs

1

Input Type

BIAS

Number of Outputs

1

Output type

Ground Centered

Frequency response 1

-0.45(4.5MHz)

Frequency response 2

-51(23.5MHz)

LPF

8th order, 4.5MHz

75ohm driver

Yes

動作温度範囲(Min.)[℃]

-40

動作温度範囲(Max.)[℃]

85

パッケージサイズ [mm]

2.9x4(t=0.9)

特長:

・ビデオドライバアンプゲインを6dB、9dB、12dB、16dBの4種類ラインアップ
・最大出力電圧5.2Vppの大出力ビデオドライバ。動作余裕が大きく低電圧動作まで対応
・出力のカップリングコンデンサが不要でコンパクト設計に貢献
・スタンバイ機能を内蔵しており、スタンバイ時の回路電流は0μA (typ)
・8次4.5MHz LPF内蔵でクリアな画像が再生できる
・バイアス入力形式採用により、ビデオ信号だけでなくクロマ信号、RGB信号などにも対応
・MSOP8小型パッケージ

デザインリソース

 

技術記事

回路設計・検証

  • バイパスコンデンサのインピーダンス特性

熱設計

  • 熱設計とは
  • 過渡熱抵抗データからジャンクション温度を求める方法
  • パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて

モデルとツール

2D/3D/CAD

  • MSOP8 Footprint / Symbol

パッケージと品質データ

パッケージ情報

  • 実装仕様書
  • 耐ウィスカ性能について

製造データ

  • 製造工場一覧

環境データ

  • UL94 難燃性クラスについて
  • ELV指令適合証明書
  • REACH高懸念物質(SVHC)の不使用証明書
  • RoHS委員会委任指令適合証明書

輸出関連情報

  • 輸出貿易管理令について
  • 米国輸出規制 (EAR) について