Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

入出力フルスイング 低入力オフセット電圧オペアンプ - BD5291G

BD5291Gは入出力フルスイングの1回路入りオペアンプです。電圧電圧1.7V で入力出力ともにフルスイングを実現しており、低電圧で動作させた場合でも広い入出力範囲を確保できます。また、MOSFET入力であるため、バイアス電流は1pA(Typ)と非常に小さくセンサアンプ用途に最適です。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名 | BD5291G-GTL
供給状況 | 供給中
パッケージ | SSOP5
包装数量 | 3000
最小個装数量 | 3000
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

グレード

Standard

Power supply(Min.)[V](+5V=5, +/-5V=10)

1.7

Power supply(Max.)[V](+5V=5, +/-5V=10)

5.5

チャンネル数

1

入力オフセット電圧(Max.)[mV]

2.5

入力バイアス電流(Typ.)[nA]

0.001

スルーレート(Typ.)[V/µS]

2.5

入力電圧範囲 [V]

VSS to VDD

出力電圧範囲 [V]

VSS+0.1 to VDD-0.1

大振幅電圧利得(Typ.)[dB]

110.0

出力電流(Typ.)[mA]

17.0

CMRR(Typ.)[dB]

90.0

PSRR(Typ.)[dB]

90.0

GBW(Typ.)[MHz]

3.2

動作温度範囲(Min.)[°C]

-40

動作温度範囲(Max.)[°C]

85

特長:

・動作電源電圧範囲が広い
・直流電圧利得が大きい
・入力低オフセット電圧
・低入力バイアス電流
・高スルーレート