パナソニック社からの半導体デバイス事業の譲受けについて

半導体メーカーのローム株式会社(代表取締役社長 藤原忠信、本社:京都市)は、このほど、パナソニック株式会社(代表取締役社長 津賀一宏、本社:大阪府門真市、以下、「パナソニック」)から半導体事業部門(パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社)が営むダイオード及び、トランジスタ事業の一部を譲受けることを決定いたしました。譲受ける時期は2019年10月を予定しており、その後、パナソニックのお客様に対する当該製品の販売は、ローム株式会社が行います。

1.事業譲受けの背景と狙い

ロームは、半導体素子事業をロームグループの中核事業と位置づけ、1960年代から継続した開発・生産・販売活動を行い、現在では小信号トランジスタやダイオード市場で世界トップクラスのシェアを確保しています。今後につきましても、自動車、産業機器市場をはじめとする幅広い分野で継続的な市場の拡大を見込んでおり、バイポーラトランジスタや、回路保護用のツェナーダイオード、TVSダイオード等の事業を拡大していきます。そのために、積極的にあらゆる経営リソースを投入し、製品ラインアップの強化、さらなる品質向上、安定供給体制の強化に努めていきます。今回、パナソニックより本事業を引き継ぐことで、さらなる市場シェアの拡大を目指していきます。

2.事業譲受けの内容

(1)パナソニックが営む以下のトランジスタ、ダイオード事業
  ・トランジスタ(バイポーラ、抵抗内蔵型、接合型電界効果)
  ・ダイオード(ショットキーバリア、TVS、ツェナー、スイッチング、ファストリカバリ)

(2)お客様への安定供給を確保し、スムーズな承継を進めるため、当面、ロームからパナソニックに対する生産委託を行い、従来と全く同じ供給体制を継続できるように配慮いたします。

今後、両社は、関係当局の必要な承認及び認可の取得等を条件として、譲渡に向けた準備を双方で共同して実施いたします。移管スケジュールの詳細については今後検討してまいります。

<ご参考>

1.ローム株式会社 半導体事業の概要

 

(1)所在地 京都府京都市右京区西院溝崎町21
(2)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 藤原 忠信
(3)事業内容 半導体、電子部品の開発・製造・販売
(4)資本金 86,969百万円
(5)設立 1958年9月17日

 

2.パナソニック株式会社 半導体事業の概要

【パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社の概要】

(1)所在地 京都府長岡京市神足焼町1番地
(2)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 小山 一弘
(3)事業内容 半導体、電子部材の開発・製造・販売
(4)資本金 400百万円
(5)設立 2014年3月10日