Rohm Newslanding

GaNシステムズ社とロームがGaNパワーデバイスの普及に向け協業を開始

2018年6月5日

GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界的リーダーであるGaN Systems Inc.(以下、GaNシステムズ社)と、パワー半導体のリーディングカンパニーであるローム株式会社(以下、ローム)は、パワーエレクトロニクス市場の革新的な進化に貢献するべく、GaNパワーデバイス事業における協業を開始しました。

今回の協業は、GaNシステムズ社のGaNパワートランジスタにおける業界トップクラスの性能と、ロームのGaNパワーデバイス技術および多様な電子部品の設計・製造における総合力を有効活用するものです。GaNシステムズ社のGaNPX®パッケージング技術およびロームの伝統的なパワーデバイスパッケージング技術の両方を用いてGaNデバイスに最適な製品を共同開発します。これにより、GaNデバイスの可能性を最大限に引き出すことができるようになります。
また、両社が互換性のある製品を提供することによって、両社の顧客には安定してGaNデバイスが供給されるようになります。

GaN市場において、最も急速に成長している地域の一つであるアジアを中心に、世界中の両社の顧客はGaN製品とその技術サポートが利用できるようになります。さらに、両社はGaNパワーデバイスの研究開発活動も共同で進め、産業機器、自動車、および家電分野向けに画期的な製品を提案します。
引き続き、顧客のソリューションの選択肢を広げるべく、双方の協力によりGaN製品のラインアップを拡充し、パワーエレクトロニクス市場における省エネ化・小型化に貢献してまいります。

GaN Systems Inc. CEO Mr.Jim Witham

「GaNパワーデバイスは、パワーエレクトロニクス分野におけるポジションを急速に確立させつつあります。この協業は、GaNがいかにパワーエレクトロニクス製品において重要かを示しています。今回、有名かつ業界をリードする技術開発を行っているロームと協力体制を築けたことを嬉しく思います。両社の専門知識と能力を組み合わせることで、より多くの企業が、高出力かつ高効率、小型・軽量化を実現するGaNのメリットを実感できると信じています。」

ローム株式会社 専務取締役 東 克己

「ロームは、パワーデバイス事業を成長戦略のひとつとして掲げており、業界をリードするSiC(炭化ケイ素)パワーデバイスを中心に最先端デバイスを提供するとともに、その性能を最大限に引き出すゲートドライバなどの制御技術を組み合わせたパワーソリューションを提供してまいりました。また、さらなるラインアップ強化に向け、GaNについても開発を進めてきました。今後、より市場ニーズにあった幅広いパワーソリューションを提供するため、両社の優れた技術及び知識を融合し、次世代パワーデバイスの開発を加速してまいります。」

<GaNパワーデバイスとは>

GaN(窒化ガリウム)とは、次世代パワーデバイスに用いられる半導体材料のこと。物性に優れており、高周波特性を活かし、低耐圧領域で採用が始まっている。例えば、GaNパワーデバイスを、DC/DCコンバータやインバータなどの電源装置に搭載すれば、電力変換効率の向上や装置の小型化などを実現できる。既に量産化が始まっているSiC(シリコン・カーバイド)を補完するパワーデバイスとして、今後も普及が期待されている。

<GaN Systems Inc.について>

GaNシステムズは、GaNパワー半導体におけるグローバルリーダーであり、データセンターのサーバ、再生可能エネルギーシステム、自動車、工業用モーター、消費者用電子製品などの要求が厳しい業種のニーズに独特な方法で応えています。市場をリードするイノベーター企業であるGaNシステムズでは、より小型化された低コストの高電力効率システムの設計を実現しています。同社の受賞歴を誇る製品は、既存のシリコンの限度を超えたシステムデザインの可能性を切り開いています。トランジスタ性能のルールを変貌させることにより、GaNシステムズはパワー変換企業がその業界に革命をもたらし、世界を改革していくために役立っております。詳しくは、www.gansystems.com、またはFacebook、Twitter、LinkedInを参照ください。

この件に関するお問い合わせはこちら