•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ローム株式会社は、
1958年に設立した、半導体メーカーです。
創業者が大学在学中に考案した特許をもとに、小型抵抗器メーカーとして、京都で操業を開始しました。
今でいうところの「ベンチャー企業」です。
1970年代には、日本企業としては初めて米国のシリコンバレーに進出し、本格的に半導体分野へ参入。
現在では、自動車や産業機器、スマートフォンやパソコンなどの通信機器、家電製品、自動車や産業機器などを
動かしたり、感知させたり、制御したりする、半導体や電子部品の、開発、製造、販売をグローバルに展開しています。
ロームは、エレクトロニクスの技術で、社会が抱える様々な課題を解決し、
未来に向けて、人々の豊かな暮らしと、社会の発展を支え続けていきます。

SCROLL

NEWTVCM

Electronics for the Future

CM30秒

CM15秒

ロームは今年、
新たに“Electronics for the Future”というステートメントを策定しました。
そこには「エレクトロニクスの技術で、社会が抱える様々な課題を解決し、
未来に向けて、人々の豊かな暮らしと、社会の発展を支え続ける会社」という
ロームの誓いが込められています。
このCMでは、宇宙から地球を見つめる視点から始まり、
都市の景観や人の営みを捉えながら、
最終的には電気自動車に使用されている半導体内部に飛び込んでいきます。
そこにあるのは、極限までに微細な構造体。
驚くほど小さな製品が、電気自動車だけではなく、
地球上の様々な場所で、人の暮らしの営みの中で、
わたしたちの今とこれからの生活を支えていることをCMのストーリー全体で表現しています。
「世界を動かす大きな力は、無数の小さな力が集まって生み出されている」という言葉には、
世界中の様々な場所で働いている半導体のことだけではなく、
地球の未来を良くしていくのは、わたしたちひとりひとりの力である、という思いも込めています。
わたしたちロームも、地球の未来を創っていく責任ある企業として、
その役割をしっかりと果たしていきたいと考えています。

ARTIST

「 115万キロのフィルム 」

【2018.04.11 Release「エスカパレード」収録】

Official髭男dism オフィシャルヒゲダンディズム

2012年結成、愛称は「ヒゲダン」。 このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクす るような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が込められている。2015年4月1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」をリリースし、デビュー。2018年4月Major 1st Single「ノーダウト」でメジャーデビューを果たした。ブラックミュージックをはじめ、様々なジャンルをルーツとした音楽で全世代から支持を集め続けている。

ロームさんが技術を追い求めるように、僕たちも誰もがワクワクするような音楽をつくり続けます。

Official髭男dism藤原聡 小笹大輔 楢﨑誠 松浦匡希

ROHM×MUSIC

ロームは、40年以上前から、
オーディオ機器のための電子部品・半導体の開発にも取組んで来ました。
素晴らしい音楽を奏でるために、音楽家が楽譜に向き合い音楽を追求して行くような、
そんな気持ちを持ちながら、商品開発に取り組んでいます。

また、技術の探究にとどまらず、企業活動の一環として、
音楽を通じて豊かな文化を作ることへの貢献を目指し、
1991年には「公益財団法人ロームミュージックファンデーション」を設立し、
音楽を学ぶ学生への奨学援助による音楽家の育成をはじめ、音楽文化の発展・普及活動などを行い、
ハードとソフトの両面で「音楽」の支援を行っております。

特に京都では、文化芸術都市としての京都の街の発展へ、「音楽」を通じて貢献したい。
そんな思いから、2016年に「ロームシアター京都」の、50年間のネーミングライツを開始。
文化芸術の創造・発信拠点として、音楽イベントへの協賛なども積極的に行い、
「音楽」を通じて京都の街への貢献を目指しています。

音楽を通じて豊かな文化を作ることの貢献を目指すロームだからこそ、
誰もがワクワクする様な音楽をつくり続ける
「Official髭男dism」の活動に深く共感し、CMのメッセージを引き出してくれる「115万キロのフィルム」というインディーズ時代の名曲を、
前作のCMから継続起用しています。

ARCHIVE

electric landscape

CM30秒

CM15秒

electric landscape 篇 コンセプト

いま世界中で、自然環境が、人の暮らしが、大きく変化しています。
人間の創り出すテクノロジーは、急速に進歩し、
それは地球の自然や環境を壊してしまいかねないほど強くなりました。
だからこそ、人間は、これまで以上に何をつくり、それを使ってどんな世界を作り出していくかということを、
注意深く、真剣に考えて行かなければならないと思うのです。
わたしたちロームは、家電や通信機器、自動車やロボットも、
地球上の暮らしのあらゆる電子機器の中で働く「半導体」をつくっている会社。
これからも、質の高い半導体の技術で、省エネルギーを実現しながら、
人の暮らしをより便利に、より快適に、より楽しくしていきたい、
そして、あらゆる人々の夢や未来の実現に、いつも真剣に向き合っていきたいと考えています。
半導体の技術で、自然の豊かさと、人の暮らしの豊かさ、そして未来の社会づくりに貢献すること。
これが、私たちロームの思いです。