SiCパワーデバイスの生産能力強化に向け、
ローム・アポロ 筑後工場に環境配慮型の新棟 竣工

2021年1月7日

ローム株式会社(本社:京都市)は、SiCパワーデバイスの生産能力強化のため、2019年2月よりローム・アポロ株式会社(本社:福岡県)の筑後工場に新棟を建設しておりましたが、このたび完成し、竣工式を執り行いました。

新棟は、さまざまな省エネルギー技術を用いた生産設備を導入するとともに、使用する電力を100%再生可能エネルギーでまかなう環境配慮型の最新工場となります。
また、各種災害対策を導入し、BCM(事業継続マネジメント)体制も強化。2021年1月より順次、製造装置を設置し、SiCパワーデバイスの中長期的な需要増加に対応できる生産体制を構築してまいります。   

ロームは、2010年にSiCパワーデバイス(SiC SBD、SiC MOSFET)の量産を開始して以来、世界で初めてフルSiCパワーモジュールやトレンチ構造を採用したSiC MOSFETの量産を開始するなど、業界をリードする技術開発を進めております。一方で、製造面においてもロームグループが誇る一貫生産体制を構築し、ウエハの大口径化や最新設備による生産効率向上に取り組むとともに、モノづくりにおける環境負荷軽減に取り組んでまいりました。
今回の新棟だけでなく、SiCウエハを製造するグループ会社であるSiCrystal GmbH(ドイツ)の工場も、次年度より再生可能エネルギー使用率100%での稼働を予定しており、同工場での購入電力由来のCO2排出量はゼロとなります。これにより、SiCウエハの主要な生産工程は、すべて再生可能エネルギーを利用した環境配慮型の生産体制となります。

世界的なエネルギー対策が急務となる中、ロームグループでは今後も、電気自動車や産業機器における省エネルギー化のキーデバイスとして期待されているSiCパワーデバイスの性能向上に努めるとともに、その生産工程においても環境に配慮した設備や再生可能エネルギーの導入を進めることで、環境負荷の軽減に貢献してまいります。

ローム・アポロ 新棟
<ローム・アポロ 新棟 概要>
構造 地上5階
竣工 2020年12月
稼動予定 2022年
住所 筑後工場
福岡県筑後市
大字上北島883

<新棟の特長>

新棟

新棟は、排熱を有効活用した高効率の空調設備や純水製造設備、LED照明の導入などで省エネルギー化に努めており、従来設備と比較してCO2排出量を20%(約7,000t分)低減しております。

さらに付帯エリアも含めた免震構造の採用による地震対策のほか、浸水対策、ガス消火設備、非常用発電機などを導入しており、各種災害に備えた工場となっております。

付帯エリアも含めて免震構造を採用
付帯エリアも含めて免震構造を採用

人や装置にも安全なガス消火設備
人や装置にも安全なガス消火設備

非常用発電機
非常用発電機

<ロームグループのモノづくりにおける環境への取り組み>

ロームグループでは、ISO 14001環境マネジメントシステムを運用する工場での生産を通じて、地球環境への負荷(化学物質、廃棄物等)を最小限に抑制し、循環型経営を追求しております。
また、地球温暖化の防止に向けて、排出される温室効果ガスを削減するために、スマートファクトリー化や再生可能エネルギーの使用など、地球環境負荷を軽減する仕組み・生産技術の構築を進めております。

ローム・アポロ 筑後工場においても、2019年度より再生可能エネルギーを導入し、段階的に電力量を引き上げてまいりました。ロームグループは、今後もモノづくりにおける環境負荷の軽減に努めるとともに、再生可能エネルギー等を活用することで、より環境負荷の少ない製品をお客様に提供し、脱炭素社会への実現に貢献してまいります。

この件に関するお問い合わせはこちら