Rohm Newproductfaq

FAQ's
  • リセットICについて、
    解除電圧の温度を含めたばらつきの見積もり方法を教えて下さい。
    • 解除電圧の温度を考慮したばらつきは、ばらつき±1%、温度係数「VDET/ΔT」の最大値、±360ppm/℃を用いて、以下の計算で求められます。
      • 解除電圧=VDET(検出電圧)+⊿VDET(ヒステリシス電圧)
      • =VDET×ヒステリシス比率
      • 解除電圧(max)=VDET(max)×1.08 (ヒステリシスmax 8%の場合)
      • 解除電圧(min)=VDET(min)×1.03 (ヒステリシスmin 3%の場合)
      検出電圧の温度を考慮したばらつきは以下の計算式で求まります。
      • VDET(max)=VDET×1.01+VDET×1.01×|Ta-25|×360/1000000
      • VDET(min)= VDET×0.99-VDET×0.99×|Ta-25|×360/1000000
      過電圧検出ICのBD71L4L-1シリーズの解除電圧の温度を考慮したばらつきは、以下となります。温度0℃~60℃において、
      • 解除電圧(max)=4.073V
      • 解除電圧(min)=3.978V
      BD52xxG-2C/BD53xxG-2Cの解除電圧の温度を考慮したばらつきは、Datasheetをご参照下さい。
    • Products: Voltage Detector with Fixed Delay Time