1. >
  2. >

ダイオードとは? 定電圧(ツェナー)ダイオード

構造 記号 用途・特徴
図 - ツェナーダイオードの構造 図 -ツェナーダイオードの記号
  • 定電圧回路
  • サージ電流や静電気からICなどを守る保護デバイス
  • 逆方向の電圧を加えた時に定電圧を発生する。

ツェナーダイオードは電流が変化しても電圧が一定であるという特長を利用して定電圧回路に使用されたり、サージ電流や静電気からICなどを守る保護素子として使用されます。特徴として、一般的なダイオードは順方向で使用するのに対して、ツェナーダイオードは逆方向で使用されます。逆方向での降伏電圧のことをツェナー電圧(VZ)、その時の電流値のことをツェナー電流(IZ)といいます。近年、電子デバイスの微細化/高機能化が進み、より一層高性能な保護素子が求められる中、TVS(Transient Voltage Suppressor)との差別化が進んでいます。

グラフ - ツェナーダイオードは電流が変化しても電圧が一定

  • ZDのみが逆方向の特性を用いる。

ツェナーダイオード製品詳細ページへ

エレクトロニクス豆知識