1. >
  2. >

教育

教育

国内外との大学との産学共同研究

研究機関、大学、異分野企業と協力

ロームは、文化や社会の進歩向上に貢献できる技術を開発するためには、研究機関や大学、異分野企業と良き関係を築き、協力して取り組む必要があると考えています。特にグローバルで産学連携を推進するため、日本国内だけでなく、アメリカや中国など海外でも産学連携を積極的に進めており、先端知の研究や各地のニーズにこたえる製品の開発に取り組んでいます。

モノづくりの楽しさをより多くの子どもたちに知ってもらうために

2015年度ロームで実施されたモノづくり授業を受けた学生の数 小学生向けのモノづくり授業 小学生向けのモノづくり授業

近年、学生のモノづくりの体験が少なくなり興味や関心が希薄になるなか、ロームグループでは小学生から大学生までの学生に向けたモノづくり授業を展開しています。
ロームが実施している小学生向けの授業では、京都市教育委員会と協力し、ロームの創業製品である抵抗器と三色に光るLEDを組み合わせた工作を通じて、光の三原色やLEDの省エネ効果を学んでもらうとともに、モノづくりの楽しさを体験するきっかけをつくっています。
また、国内外のロームグループ各拠点でも同様の活動を実施しており、マレーシアの生産拠点では、現地の工業専門学校と協働で、はんだ付けなどの授業を実施し、モノづくりの面白さを伝えています。

未来のエンジニアをグローバルに支援

ロームで開催されたJSSFのワークショップ ロームで開催されたJSSFのワークショップ

ロームグループでは未来のエンジニアを支援するために、さまざまな活動に協力しています。
ロームが2013年から参加している「Japan Super Science Fair(JSSF)」は、立命館高校が主催する世界21カ国約200名の理系高校生が京都で科学について交流する取り組みです。
ローム社員による2日間にわたるワークショップでは、電子回路の概要を説明した後、実際に電子部品を使用して自分だけの回路を作成し、その機能を使ってどのように社会に貢献できるかを考え発表してもらいます。この経験を通じて将来社会に価値を生み出すことができるエンジニアが一人でも多く生まれることを期待しています。

JSSF2015に参加したカナダの高校生

JSSFでのロームのワークショップは、とても貴重な体験でした。
実際に電子回路を組み立て、実生活でそれらがどのように役立つのかを考えることは非常によい刺激となりました。これまで電子回路に触れる機会がなかったため、当初は回路が思ったように動作せず苦労をしましたが、ロームの皆さんと一緒に課題を解決し、最終的には私だけでなく参加した全員が各々の回路を設計することができ、とても感動しました!

Fort Richmond高等学校

Colin Marschさん

Fort Richmond高等学校 Colin Marschさん
自作ロボットによるバドミントンで競いあう学生 自作ロボットによるバドミントンで競いあう学生

NHK学生ロボコン・ABU(アジア太平洋放送連合)ロボコンへの協賛

ロームグループでは若きエンジニアを応援するために、さまざまなイベントに協賛しています。「ABUアジア太平洋ロボコン2015インドネシア・ジョグジャカルタ大会」もその一つであり、18カ国の代表が自作のロボットによるバドミントンでポイントを奪いあいました。

Device Plus Device Plus

技術情報サイト「Device Plus」にてモノづくりに関するさまざまな記事を公開

モノづくりの未来を担う学生や若きエンジニアに向けた技術情報サイト「Device Plus」では、ロボコンの試合レポートや、電子工作のハウツーなどを公開・発信しています。2015年11月には日本語版サイトが月間訪問者数10万人超を達成しました。

Device Plus

学生への支援

インターンシップ 成果発表会の様子 インターンシップ 成果発表会の様子

インターンシップの受け入れ

ロームでは、2008年よりインターンシップ生の受け入れを開始し、2015年度は34名の学生に参加いただきました。
取り組み内容としては、人事部でマナーや情報セキュリティ、安全衛生についての教育を受けた後、各部署に配属され実際の業務を体験しました。最終日には、インターンシップを通じて学んだことについての成果発表会も行われました。
また、タイや中国などの拠点においても現地の大学生を対象としたインターンシップを受け入れるなど、海外においても地域に根差した取り組みを展開しています。
今後もインターンシップを通じて学生に職業適性や将来設計について考える場を提供するとともに産学連携による若年層の人財育成に役立てています。

京都学生祭典をサポート

「学生のまち 京都」の魅力をアピールしようと、京都の大学生が中心となって企画・運営しているイベント「京都学生祭典」を、ロームはメインスポンサーとして第1回からサポートしています。
2015年度に開催された第13回の祭典も昨年同様にロームブースを出展しました。
今年のロームブースは、「ロームシアター京都」のPRをメインに、シアターのパンフレットや公演のチラシを配布し、内定者と社員が一丸となってブースを盛り上げました。
また、毎年恒例の手作りゲームコーナーでは、お子さまをはじめ、多くの皆さまにチャレンジしていただき、大好評を博しました。
ロームでは今後も協賛企業として学生たちを応援するとともに、産・官・学・地域一体となった活動に積極的に取り組んでいきます。

京都学生祭典 京都学生祭典 京都学生祭典 京都学生祭典

京都学生祭典 京都学生祭典