Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

両極検出(極性判別用出力)ホールIC - BU52472NUZ (新製品)

両極検出(極性判別用出力)ホールICはS極検出用出力とN極検出用出力の2出力を持つため、極性判別が可能です。またLDOを搭載し、電源ノイズを軽減しています。本ホールICと磁石を組み合わせることで、タブレットやスマートフォンなどのカバー開閉検出、デジタルビデオカメラなどの液晶パネルの表裏検出や回転方向検出が行えます。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名 | BU52472NUZ-ZE2
供給状況 | 開発中
パッケージ | VSON04Z1114A
包装数量 | 5000
最小個装数量 | 5000
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

センサタイプ

Omnipolar Detection Hall ICs with Polarity Discrimination

Vcc(Min.)[V]

1.65

Vcc(Max.)[V]

3.6

S極 動作磁束密度 [mT]

2.4

N極 動作磁束密度 [mT]

-2.4

ヒステリシス[mT]

0.4

パルス駆動周期[ms]

50.0

平均消費電流

4.4µA

出力形式

CMOS

動作温度範囲(Min.)[°C]

-40

動作温度範囲(Max.)[°C]

85

特長:

  • 両極検出(OUT1:S極判別, OUT2:N極判別)
  • LDOの搭載で電源ノイズを軽減
  • 間欠動作により低消費電流化
  • 超小型パッケージ