Rohm Breadcrumb

Rohm Productdetail

LCD パネル用PWM 信号生成器 - BD9478F

BD9478FはLCDパネル用PWM信号生成器です。このICはIC内部で生成される三角波と外部DC信号を比較し、PWM信号を生成します。このPWM信号はLEDドライバに供給されLED調光を制御します。PWMパルス周波数はSYNC端子に入力された外部信号周波数に同期します。この周波数が規定範囲外になったときは、設定周波数内で動作し保護がかかり、LEDドライバへ常に安定したPWMパルスを供給します。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名 | BD9478F-GE2
供給状況 | 供給中
パッケージ | SOP8
包装数量 | 2500
最小個装数量 | 2500
包装形態 | テーピング
RoHS | Yes

特性:

Vin(Min.)[V]

4.5

Vin(Max.)[V]

5.5

動作温度範囲(Min.)[°C]

-40

動作温度範囲(Max.)[°C]

85

特長:

・ VSYNCに同期した信号をPWMOUTから出力
・ PWM信号はLCTのコンデンサにより設定された三角波とDC信号を比較して生成
・ VSYNC周波数が規定範囲を超えると決められた周波数で固定される(fSYNC fPLL=0.36*fPLLtyp, fSYNC>fPLLtyp*2.75 -> fPLL=2.75*fPLLtyp)
・ VSYNC無信号入力時は、CT容量で決められた周波数で自己発振
・ EXTPWMにパルス信号を入力すると、自動的に外部PWMモードへ移行