Rohm Newproductfaq

FAQ's
  • コンパレータについて、
    出力端子に外部から電源電圧(VCC/VDD)以上の電圧を印加した場合の挙動や注意点を教えて下さい。
    • コンパレータには出力形式が2種類あり、Push-Pull出力とオープンコレクタ/ドレイン出力で挙動が異なります。Push-Pull出力は出力端子から電源端子(VCC/VDD)に向かって静電保護ダイオードがあるため、電源電圧+1VF(約0.6V)以上の電圧が出力端子に印加されるとダイオードがONし電流が流れ、劣化や破壊の原因になります。劣化や破壊の対策として直列抵抗を挿入し、ダイオードに流れる電流を入力電流の絶対最大定格10mA以下に制限してください。また電源印加がない場合でもダイオード経由で電源が供給され、ICが意図せず動作する可能性があります。
      オープンコレクタ/ドレイン出力は、出力端子と電源端子間にダイオードがないため、動作電源電圧範囲以下の電圧であれば出力端子に印加しても問題はありません。
    • Products: Standard Comparators , High Speed Comparators , Low Power Comparators