FAQ's
Show All Answers
Hide All Answers
showing 1 to 7 of 7
  • 磁界の検出方法は?
    • ロームの磁気センサICは、ホール素子を内蔵しており、ホール素子で磁界を検出して電気信号に変換しています。ホール素子はホール効果を利用して磁界を検出しています。検出できる磁界の方向はパッケージ上面に対して直交する方向です。
    • Products: Hall ICs
  • ヒステリシスとは?
    • 磁気センサICは磁界(磁束密度)強さが動作磁束密度(Bop)に達すると出力がHighからLowに変化します。この状態で磁界を弱くしていくと、復帰磁束密度(Brp)になった時点で出力がLowからHighに復帰します。この復帰磁束密度は検出磁界付近での誤動作(チャタリング)をさけるために動作磁束密度(Bop)よりも小さくしています。このBopとBrpの差をヒステリシスといいます。
    • Products: Hall ICs
  • パルス駆動周期とは?
    • 磁気センサICは低消費電力化のため、間欠動作をしております。
      (常時センシングしていると消費電力が増えるので一定同期に1回センシングします。)
      この間欠動作の周期(センシング周期)をパルス駆動周期といいます。
    • Products: Hall ICs
showing 1 to 7 of 7
of 1