Part Number Search

FAQ Category 

FAQ's
Show All Answers
Hide All Answers
showing 1 to 10 of 50
  • ソフトスタート機能どのような機能でしょうか?
    • DC/DCコンバータ起動時に、入力の突入電流を抑え、入力側の電圧ドロップを防ぎ、起動不良等を防止する機能です。出力電圧0Vから起動する場合、出力コンデンサや、出力に接続されているデバイスのバイパスコンデンサ(パスコン)への充電電流が必要ですが、急速に流れないように、ゆっくりと立ち上げます。起動時間が固定されているICの場合は、出力に接続されるコンデンサの総量についても注意が必要です。
    • Products: Switching Regulators
  • ヒカップ保護とラッチ保護の違いを教えてください。
    • 過電流検出や過電圧検出など異常状態を検出した場合、出力電圧をOFFする等の保護機能が動作しますが、復帰方法の違いです。
      ヒカップ保護
      保護機能動作状態を自動で復帰します。異常状態のままであるなら、再び異常検出を行い、出力をOFFする動作となります。 異常検出、解除を繰り返す事になるため、ヒカップ(しゃっくり)保護と呼ばれます。
      ラッチ保護
      一度異常状態を検知し、出力電圧がOFFした後は、自動で復帰しない保護動作です。復帰の方法は、イネーブルをオフして再起動する等、ICの仕様に依存します。
    • Products: Switching Regulators
  • 軽負荷時の効率を上げるにはどうしたらよいですか?
    • 軽負荷時には、ICそのものの消費電流やスイッチング損失により、電力変換効率が悪くなります。効率の改善だけで言えば、スイッチング周波数を遅くすることや、PFM制御の電源ICを選択する事などの対策がありますが、背反特性がありますので、総合的に判断する必要があります。ロームでは、軽負荷時に自動的にPFM駆動に切り替わる機能(SLLMモード)を搭載した製品を準備しています。
    • Products: Switching Regulators
  • PWM駆動とPFM駆動の違いを教えてください。
    • DC/DCコンバータのスイッチング方式には、PWM(Pulse Width Moduration)駆動とPFM (Pulse Frequency Modulation)駆動があります。
      PWM
      スイッチング周波数は一定で、パルスのON時間が、負荷によって変化します。
      PFM
      パルスのON時間が一定で、負荷によってスイッチング周波数が変化します。負荷が小さい時に周波数は低くなり、スイッチング損失が減りますので、軽負荷時に高効率を保てます。
      製品によって、PWM駆動とPWM駆動を切り替えて広い負荷電流範囲で効率を高く保てるものがあります(SLLMモード)。
    • Products: Switching Regulators
  • LLM™ とはどういった機能でしょうか?
    • LLM(Light Load Mode)はローム独自の重負荷時、軽負荷時ともに高効率を維持するための機能です。High Side FETが断続的に ONし負荷側へエネルギーを供給します。この周期は負荷電流に応じて定まり、ダイオードエミュレーション制御により効率を上げます。
    • Products: Switching Regulators
showing 1 to 10 of 50
of 5