Rohm Breadcrumb

Rohm Newparametric

ROHM PowervationデジタルDC/DCコントローラ

ROHM Powervationがデジタル電源マネジメントのソリューションとして開発したアーキテクチャは、究極に最適化した専用設計のデュアルコア・プロセッサ(DSP、並びにRISCプロセッサ)、そして、メモリブロック(RAMと不揮発性メモリ)、電源制御ブロック、SMBusインターフェース、マルチデバイスを実現する独自仕様のDSS®、アナログインタフェース(ADCとDAC)、タイミング回路(オシレーターとPLL)で構成されます。

このMixed Signalのデジタル電源マネージメントコントローラは、オンチップされたプロセッサーの処理能力、そしてメモリによって、電源マネージメントとMixed Signal機能を統合、更に、ファームウェアに制御アルゴリズムを搭載・実行することができます。このアーキテクチャは、デジタル制御の設定を最大限に容易化し、加えて、ユーザーのスイッチング電源回路に使用される多数のパラメータを簡単に(メモリーへ)格納することができます。これは、外付け部品を削減しながら、設定の柔軟性を最大にします。

Powervationデジタル電源のアプリケーションノート