Rohm Newslanding

Japan Super Science Fair 2014へ参加しました!

 

Japan Super Science Fair(JSSF)は、立命館高等学校が主催する、地球温暖化や食糧問題など、現在の社会が抱えるさまざまな問題を解決するために、世界中から科学を学ぶ高校生が集まり、考えや知識、夢を語り合うフェアです。ロームは2013年度からこの活動に参加しています。

2014年度は自社技術に関する講義「サイエンス・ワールド」を実施するとともに、ローム本社において「企業見学」の受け入れを行いました。

11月9日の「サイエンス・ワールド」では、ロームのセンサネットワークについて説明した後、イギリスやコロンビアなど9か国から参加した高校生の皆さんにセンサを用いた社会課題の解決についてグループでアイデアをまとめ、発表していただきました。
飛行機のエンジンなどに鳥が衝突するバードストライクを予防するための仕組みなど、さまざまなセンサを組み合わせたユニークなアイデアが発表されました。

 

 JSSF

 

11月11日の「企業見学」では、クリーンルームなど工場内の見学と、ロームの持つ最新技術のデモ機を体験していただきました。実際に日本のモノづくりの現場を見ていただき、参加した高校生から技術的なことから将来のことまで多くの質問をいただきました。

 

 JSSF

 

ロームは今後もこのような活動を通じて次世代のエンジニアを目指す子どもたちを応援していきます。