Rohm Newslanding

EICC監査に関する研修会を実施しました!

 

ロームグループでは経営品質を高めるため、EICC(電子業界CSRアライアンス)行動規範に基づいたCSRのマネジメントシステムをグローバルに展開しています。
このマネジメントシステムの有効性を確認するために、2013年度には海外6生産拠点が自主的にEICC監査を受審しました。2014年度にはローム本社と国内5生産拠点も同様の監査を予定しています。

2014年度のEICC監査受審によって、グループの意識が一層高まるよう、4月7日から4月11日にかけて、本社のCSRリーダー(部門責任者)や国内生産拠点のCSR推進責任者に対し研修会を実施しました。

国内生産拠点に対する研修会では、EICCより第三者監査機関に認定されているビューローベリタスジャパン株式会社様に、EICC監査のプロセスやポイントについて講演いただきました。質疑応答では監査手法等について多くの質問があり、充実した研修会となりました。

今後はEICC監査に関連するお取引先様などのご理解を得ながら、サプライチェーン全体でCSRマネジメントのさらなる向上を目指し活動を進めていきます。

CSRリーダー対象の研修会の様子

 

国内生産拠点CSR推進責任者対象の研修会の様子