Rohm Newslanding

BCAOアワード2015においてBC(事業継続)推進事例賞を受賞しました!

ロームグループは、事業活動における様々なリスクを特定し、対策を講じています。そのなかでも特に「災害による生産拠点などの操業停止や減産がお客様や社会全体に及ぼす悪影響」を重大なリスクとして考えており、事業継続マネジメント(BCM)に注力しています。

2016年3月10日、ロームは、NPO法人 事業継続推進機構(BCAO)が毎年開催するBCAOアワード2015において、BC(事業継続)推進事例賞を受賞しました。

事業継続推進機構は、災害に備えた企業の取り組みを毎年表彰しており、BC推進事例賞は10周年を記念して設けられました。

ロームは2011年のタイ洪水で、工場のある工業団地一面が水没する中、電信柱から水没していない上層階に電気を引き込み生産活動を継続させたことや、一部稼働できない工程については、関係会社と連携し生産責任を果たしました。これらの取り組みがきっかけとなり、タイと日本のBC連携の強化につながった点が評価され、今回の受賞につながったと考えています。

ロームグループでは、今後もBCMを強化し、計画的な訓練等を通じて、さまざまなリスクに対応できるよう取り組みを進めていきます。

タイの生産拠点における事業継続計画訓練の様子(止水壁の組み立てと排水ポンプの起動訓練)

タイの生産拠点における事業継続計画訓練の様子
(止水壁の組み立てと排水ポンプの起動訓練)

BCAOアワード2015 BC推進事例賞 表彰の様子

BCAOアワード2015 BC推進事例賞 表彰の様子