Rohm Newslanding

コンチネンタルAG社様の2016年度優秀サプライヤー表彰において、
「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞

2017年8月9日

サプライヤー・オブ・ザ・イヤー2016

ローム株式会社は、7月12日(水)、コンチネンタルAG社様がドイツ・レーゲンスブルグで開催された2016年度のサプライヤー表彰式の汎用LSI、個別半導体部門において、3年連続での「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

コンチネンタルAG社様では、昨年、グループ全体で世界2,700社以上のサプライヤーから、約100拠点の工場に約1,200億個の部品を購入されております。
また、自社で定める一定基準を満たした900社以上の戦略的サプライヤーに対して、品質や技術、物流、コストなどあらゆる面で総合的に評価を行い、毎年、優秀サプライヤーを表彰されています。2016年度は、15社が優秀サプライヤーに選ばれました。

授賞式では、コンチネンタルAG社様のエルマー・デーゲンハート氏およびギュンター・フェラ氏が、「全工程でのゼロディフェクト実現が、我々の目標であります。このため、サプライチェーン上の全メーカーがゼロディフェクトの考え方を品質管理におけるDNAに組み込む必要があります。結果、全従業員が実践するようになり、全工程でゼロディフェクトの考え方が身につくようになるのです。」と品質の重要さを述べられました。

ROHM Semiconductor GmbH社 社長 クリスチャン・アンドレは、受賞の際に「常に品質を第一と考えてものづくりにとりくんでいる全スタッフの代表として、この賞を頂けたことを大変嬉しく思います。今回の受賞はロームが1958年の創業以来掲げている品質第一の企業姿勢を評価頂いた結果と考えています。今後もより一層、高品質かつ高性能な製品や最高のサービスを提供してまいります。」と喜びを語りました。