Rohm Newslanding

車載向けCXPIトランシーバ「BD41000FJ-C」の製品情報を公開

ワイヤーハーネスの削減に貢献!次世代車載通信方式CXPIトランシーバBD41000FJ-C

製品概要 |  主要仕様 |  特長 |  アプリケーション |  関連情報

製品概要

SOP-J8

車載多重通信方式として普及しているLINは応答性に課題があることから、ワイパーやライト、ステアリングスイッチなどの瞬時に動作が必要なHMI (Human Machine Interface)領域においては現在でもワイヤーハーネスで1対1接続されています。BD41000FJ-Cは応答性に優れる新車載通信方式CXPI規格に準拠したトランシーバで、HMI領域の通信を多重化することで、ワイヤーハーネスの削減に大きく貢献します。

※CXPI(Clock Extension Peripheral Interface)
日本の自動車技術会が国際標準を目指す新車載通信方式。
高い応答性で、多重通信方式を採用する。

主要仕様

ブロック図

クリックすると拡大します

  • CXPI規格準拠
  • BAT端子:40V
  • BUS端子:-27V~40V
      IEC61000-4-2(150pF / 330Ω):±8kV
  • スリープモードによる低待機電力:Typ.3μA
  • マスタ / スレーブ切替可能
  • 送信データ(TXD) Dominant Time-out機能
  • 通信速度 : 20kbps(Max.)
  • 各種Fail Safe機能内蔵
  • パッケージ:SOP-J8(JEDEC標準)

特長:応答性,信頼性に優れたCXPI通信

LINに対するCXPIの利点

今までボディ制御に使用されているLINは、瞬時の応答が必要なHMI領域において、通信応答性や信頼性面で多重通信を実現することが困難でした。 本製品はJSAEが策定したCXPI規格に準拠し、HMI領域でも多重通信が可能な通信応答性と信頼性を兼ね備えているため、自動車のさらなる軽量化、低燃費化に貢献することが可能です。

 

アプリケーション

これまで、応答性、信頼性の課題で、通信を多重化できていない箇所に、CXPIを適用することで、ワイヤーハーネスの削減が可能になります。
また、既存のLINで多重化している領域に関しても、データの信頼性向上が期待できます。

自動車のワイヤーハーネスイメージ

関連情報

車載向けCXPIトランシーバ以外にも独自の技術を活かしてお客様のニーズに沿った製品開発を進めるとともに、 さらなる製品シリーズの拡充に努めてまいります。

この製品についてのお問い合わせ