Rohm Newslanding

小型デジタルカラーセンサIC BH1745NUC

高精度小型カラーセンサIC 優れた分光感度特性を実現!

製品概要 | 主要特性 | 特長 | 用途例 | 関連情報

製品概要

BH1745NUCはI2C BUSインターフェース対応デジタルカラーセンサICで、光の色成分(RGB)を検出しデジタル変換します。
優れた赤外線除去特性を備え、透過率の低い光学窓でも照度、色温度を高精度に算出可能。筐体のデザイン性向上に大きく貢献します。

WSON008X2120(2.0x2.1xMax0.6mm)の表面と裏面

主要特性

ブロック図
赤外線除去特性により光の色成分(RGB)を検出する仕組みを表したブロック図

<主要特性>

  • 電源電圧範囲:2.3 ~ 3.6V
  • 最高感度:0.005lx / step
  • 動作時消費電流:130µA (Typ.)
  • パワーダウン時消費電流:0.8µA (Typ.)
  • 動作温度範囲:-40 ~ +85ºC

特長:独自の光学フィルタ技術で分光感度特性抜群!

独自の赤外線除去技術と演算方式を駆使することで赤外線の影響を従来品比1/10以下に低減した除去特性を実現。
これにより、従来のカラーセンサでは、正確に検知ができなくなっていた暗い(透過率の低い)光学窓にも適用可能です。

優れた分光感度特性を備えた新製品と一般品の比較図

用途例

明るさ・色味の調節、筐体のデザイン性向上、産業用途などの用途例

関連情報

■ ニュース
スマートフォン向け新型照度センサ(カラーセンサ)をロームが開発

■ 新製品速報
新商品速報
小型デジタルカラーセンサIC (365.3KB)

小型デジタルカラーセンサIC 以外にも独自の技術を活かしてお客様のニーズに沿った製品開発を進めるとともに、さらなる製品シリーズの拡充に努めてまいります。

この件についてのお問い合わせ