Rohm Newslanding

車載、電源などの電流検出用に長辺電極低抵抗シリーズのラインアップを拡充

発表日:2012-12-18

パッケージ

<要旨>
半導体メーカーのローム株式会社(本社:京都市)は、車載、電源、モータなどの電流検出用途に最適な高電力チップ抵抗器/長辺電極品 低抵抗シリーズのラインアップを拡充。3216サイズ(縦3.2mm×横1.6mm×高さ0.58mm)で従来比4倍となる定格電力1Wを実現したチップ抵抗器「LTR18低抵抗シリーズ」を開発しました。
本製品は、4月より月産100万個の体制で量産を開始し、需要の拡大により、10月より月産400万個に増産いたしました。生産拠点はROHM Electronics Philippines Inc. (フィリピン)となっています。

<背景>
一般的に車載機器や電源、モータ回路の電流検出用としては、低抵抗で、抵抗温度係数(TCR)が低く、高い定格電力の抵抗器が求められます。近年、各種電子機器の高機能化に伴い、回路内の電流量が増大しており、小型でありながら、高電力に対応した製品への要求が高まっています。その中でも3216サイズで定格電力1Wに対応した製品への要望が強く、ラインアップの拡充を検討してまいりました。

<新製品の詳細>
抵抗温度特性 今回ロームでは、独自の放熱設計により3216サイズとしては従来品の4倍となる定格電力1Wを実現するとともに、抵抗体素子構造及び材料の改善により、低抵抗でありながら業界トップクラスの抵抗温度係数を達成しました。さらに長辺電極構造を採用していることで、接合部への機械的ストレスを軽減し、温度変化に対する接合信頼性も大幅に向上しています。
高電力化及び温度特性の向上により、車載分野など厳しい温度補償が要求されるセットの回路にも余裕を持って使用することができるため、設計負荷の軽減にもつながります。

ロームは、小型化、多連化、超高精度化、超低抵抗化など、抵抗器に要求される幅広い技術で世界をリードしています。今後もさまざまなニーズに応える高品質の抵抗器製品ラインアップの拡充を進めてまいります。

<特長>

1)従来品比4倍の高い定格電力を実現
独自の放熱設計により、3216サイズとしては従来品の4倍となる定格電力1Wを実現

2)優れた抵抗温度係数
一般に、抵抗値が低くなるほど抵抗温度係数は大きくなりますが、独自の抵抗体素子構造および材料の採用により、業界トップクラスの抵抗温度係数を実現しました。

3)長辺電極構造の採用により、信頼性向上
電極を長辺方向に配置することで接合部への機械的ストレスを軽減。温度変化に対する接合信頼性が大幅にアップ!

  長辺電極構造の採用により、信頼性向上

<用語説明>

  1. TCR (Temperature Coefficient of Resistanceの略)
    「抵抗温度係数」のことで、この値が低いほど周囲温度の変化に対する抵抗値変化が少なく、機器の動作ばらつきを抑えることができる

この件についてのお問い合わせ