Rohm Newslanding

PRTR対象物質(第一種指定物質)の削減活動を進めています。

ロ-ムグル-プでは、環境負荷の低減を目標の一つに掲げ、環境活動を実施しています。
半導体の製造工程においては、多くの化学薬品を使用していますが、その中でも特に、PRTR対象物質(第一種指定物質)の削減において具体的数値目標を立て削減活動を進めています。


ローム本社における、目標項目である2012年度のPRTR対象物質(第一種指定物質)の実質生産高原単位(※)は、ベンチマ-ク(2011年度)比で約50%の大幅削減となっています。これは、PRTR対象物質(第一種指定物質)であるN,N-ジメチルアセトアミドの代替え物質への切り替えが完了し、全廃したことによる効果です。今後も、ロ-ムグル-プにおいて水平展開を実施し、環境負荷の削減活動を推進していきます。


 

 

 (※)実質生産高原単位=PRTR対象物質取扱量÷実質生産高(生産高÷企業物価指数)