Rohm Newslanding

第5回CSR委員会を開催しました。

 

ロームでは、CSRをサステナブル経営の軸と捉えています。長期的な展望と現在の課題、多様なステークホルダーからの要望に対して、迅速な意思決定を図ることを目的として、2011年6月から社長を委員長とした「CSR委員会」を定期的に開催しています。

2014年2月6日には第5回目となるCSR委員会を開催し、下部組織である、品質委員会、中央安全衛生委員会、リスク管理・BCM委員会、コンプライアンス委員会、情報開示委員会、環境保全対策委員会、CSR推進委員会の7つの委員会から2013年度の活動実績の報告並びに、2014年度活動計画について起案し了承されました。

CSR室からは、2013年のロームグループのCSRに関する活動実績(海外生産拠点でのEICC監査受審状況、CSR統括内部監査の結果等)の報告並びに2014年度CSR推進計画を起案し、了承されました。

ロームでは今後もCSR委員会を通じてガバナンスの強化を図っていきます。


 コーポレートガバナンス体制図