Rohm Newslanding

第二回「ローム楽らくクラシック」を開催しました!

 

ロームCSR推進委員会では、クラシック音楽に気軽に触れ、その素晴らしさを社員に実感してもらうことを目的に、京都市交響楽団と協同で、社内クラシック音楽セミナー「ローム楽らくクラシック」を開催しています。

2014年7月29日、第二回目となる楽らくクラシックをローム本社にて開催し、90名を超える社員が参加しました。
弦楽四重奏による生演奏を楽しんでもらうと共に、クラシック音楽や楽器の豆知識について理解を深めてもらうことができました。

今回のセミナーでは、ローム ミュージック ファンデーション(※)の元奨学生であり、京都市交響楽団のコンサートマスターも務める泉原 隆志氏にも来社いただき、奨学生時代の話や感謝の言葉をいただきました。

また、誕生日を間近に控えた社員のためにジャズ風、モーツァルト風等の様々なバリエーションのハッピーバースデーを演奏するなど、社員にとっても思い出深いセミナーとなりました。

今後もロームでは、楽らくクラシックを継続するとともに、音楽の素晴らしさを広めるために様々な活動に取り組んでいきます。





  第二回楽らくクラシックの様子

(※)継続的に音楽文化の普及、発展に寄与することを目的に、1991年にロームが中心となって設立された公益財団法人。
   これまでに支援した奨学生は累計400名に上る。