Rohm Newslanding

第一回「ローム楽らくクラシック」を開催しました!

 

ロームでは、1965年の音楽書籍出版に始まり、コンサートや若手音楽家教育プロジェクトの開催・支援など、幅広い音楽支援活動を展開しています。

また、継続的に音楽文化の普及、発展に寄与することを目的に1991年に設立した「公益財団法人 ローム ミュージックファンデーション」は、音楽を学ぶ学生に対する奨学援助や、音楽活動の実施や助成などに取り組んでいます。

2014年3月25日、ローム本社にて社員を対象としたクラシック音楽セミナー「第一回ローム楽らくクラシック」を開催しました。このセミナーは堅苦しいイメージのあるクラシック音楽に気軽に触れてもらい、その素晴らしさを実感してもらうことを目的に、京都市交響楽団と協同で開催したものです。

参加した社員は「新世界より」で有名な作曲家「ドヴォルザーク」をテーマに、京都市交響楽団よりクラシック音楽のマメ知識や音楽の構成などについて教わった後、木管五重奏による生演奏を楽しみました。

演奏者の中にはローム ミュージックファンデーションの元奨学生もいらっしゃり「ローム ミュージック ファンデーションの支援のおかげで演奏者としての夢をかなえることができ本当に感謝しています」とのコメントを頂きました。
また、社員からは「当初クラシック音楽は堅いイメージだったが、楽しいお話と素晴らしい演奏を聴きクラシック音楽のイメージが変わりました」などのコメントが寄せられました。

このセミナーは、文化の殿堂「ロームシアター京都」が開館する2016年1月まで継続的に実施していく予定です。