Rohm Newslanding

立命館守山中学校にてモノづくり授業を実施しました!

 

ロームではCSR推進委員会の「教育」、「環境」、「文化・交流」の3つのワーキンググループ(WG)が中心となり、さまざまな活動に取り組んでいます。
 
2013年6月24日(月)、教育WGのメンバーが中心となり、立命館守山中学校にて中学3年生約160名を対象に「モノづくり授業」を実施しました。
 
授業では、電気信号の違いで音の高低や光の点滅が変わるという実験をしながら、身近な電気回路について説明しました。生徒からは、「講義内容がわかりやすかった」、「電気の学習に取り組む意欲が高まった」、「理科や技術の授業が楽しみになった」などの感想が寄せられました。
 
子どもたちのモノづくり体験が少なくなり、興味・関心が希薄になる中、ロームでは将来エンジニアを目指す子どもたちを増やすべく、今後も小・中学生さらには高校生に対し、モノづくりの楽しさを伝えていきます。
 
1011744_319382608196111_374983532_n.jpg
 モノづくり授業の様子