Rohm Newslanding

本社とタイの生産拠点が「CSR調達監査」を実施しました。

ロームグループでは、サプライチェーン全体へCSRを普及・浸透させることが、企業として重要な使命と考え、CSR調達推進活動を行っています。

2015年8月20、21日、本社及びロームグループのタイの生産拠点であるROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltd.(通称:RIST)が、シンガポールの共通のお取引先様を訪問し、合同で「CSR調達監査」を実施しました。

CSR調達監査では、EICC行動規範(※)に基づき、お取引先様のCSR活動状況について確認します。 今回の監査は、RISTのCSR・調達の担当者とローム本社の調達担当者が、文書確認や工場確認を実施しました。

ロームグループでは、今後もこの様な活動を通じ、お取引先様とのCSRパートナーシップを図ることにより、サプライチェーン全体でCSRのより一層の浸透に努めていきます。

CSR調達監査の様子

CSR調達監査の様子

 

 

(※) EICC(電子業界CSRアライアンス)行動規範とは・・・   
   主に電子機器関係のメーカーや大手サプライヤーによって構成される団体が策定した規範。      
   「労働」「安全衛生」「環境保全」「倫理」とこれらに関連した「マネジメントシステム」からなる。