Rohm Newslanding

岡山の生産拠点が、瀬戸内海岸の清掃活動に参加しました!

ロームグループでは、事業活動を行っている各地で、地域に根ざした社会貢献活動を積極的に行っています。

2016年7月23日、 ロームグループの岡山県の生産拠点であるローム・ワコー株式会社(以下ローム・ワコー)は、毎年笠岡市主催で実施されている「カブトガニを守ろう!リフレッシュ瀬戸内海岸クリーン作戦」に参加しました。

2億年前から変わらぬ姿で生き続ける姿から「生きた化石」と呼ばれるカブトガニは、生息場所である干潟の減少と共に絶滅の危機に瀕しています。

この活動は、カブトガニの繁殖地として国の天然記念物に指定されている岡山県笠岡市神島水道一帯でカブトガニが成育する環境を維持することを目的に実施されており、笠岡市の企業・団体・学校から集まった1,000人以上もの人が海岸の清掃に取り組みました。

今回はローム・ワコーから社員とその家族の約80名が参加し、ごみ袋と火ばさみを手に約1時間をかけて海岸のごみの回収に励みました。

ローム・ワコーでは今後も、このような地域一体となった活動に積極的に参加していくとともに地域環境の保全と発展に貢献していきます。

 海岸の清掃活動

海岸の清掃活動

 集合写真

集合写真