Rohm Newslanding

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅫを支援します!

 

継続的に音楽文化の普及、発展に寄与することを目的に1991年に設立した、「公益財団法人ロームミュージックファンデーション」は、音楽を学ぶ学生に対する奨学援助や、プロの音楽家の育成を目的としたセミナーの実施などに取り組んでいます。

 

このたび、ロームとローム ミュージック ファンデーションは、音楽文化活動の一環として2014年3月16日~26日にかけて行われる"小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅫ モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」<オペラ・ドラマティコ形式>"を支援します。

 

また、小澤征爾音楽塾では塾生に公演の場を与えることが有意義な教育になると考えています。オペラでは万が一に備えてキャストの他にカバー歌手が必要になりますが、予定通りに演目が上映された場合、カバー歌手は舞台に上がることはありません。
そこで、これまで演奏会形式で行われてきた塾生であるカバー歌手の発表会を、今回初めて上記公演の舞台装置と衣装を使用し、演目を一部抜粋して上演する「特別発表会」として開催します。

 

ロームは今後もローム ミュージック ファンデーションと共に若き才能を育み、音楽というすばらしい世界を通じて豊かな文化を創造するために幅広い支援・活動に取り組んでいきます。

 

 

上記公演についての詳細はこちらをご覧ください。