Rohm Newslanding

小学生向けモノづくり授業を実施しました!

 

近年、子どもたちのモノづくりの体験が少なくなり興味関心が希薄になる中、モノづくり都市・京都の特性を生かし、子どもたちのモノづくりへの興味・ 関心を高め、将来の進路や夢について考える機会を提供しようと、「京都モノづくりの殿堂・工房」学習プログラムが「京都まなびの街 生き方探究館」で展開されています。

ロームでは2010年より、モノづくりの殿堂でのブースの展示とモノづくり授業を実施しており、2013年11月21日、京都市立葛野小学校の小学4年生90名に対しモノづくり授業を実施しました。

授業では、ロームの創業製品である抵抗器とフルカラーLEDを組み合わせた工作を通じて、光の三原色やLEDの省エネ効果を学んでもらうとともに、子どもたちにモノづくりの楽しさを伝えました。

また、工作だけでなく実際にロームで働く社員とその仕事について紹介することで子どもたちが将来の仕事について少しでも考えるきっかけになればと考えています。

今後も継続的に実施することで、モノづくりの楽しさを伝え、働くことの素晴らしさをより多くの子どもたちに伝えていきます。


    
モノづくり授業の様子