Rohm Newslanding

中国 大連にてCSR強化月間を設けCSR研修を開催しました!

ロームグループでは国際的な社会的責任の規格であるISO26000への準拠を目指し、CSRについての様々な取り組みを行っています。


近年、中国でCSRの重要性が高まっていることもあり、中国の大連にあるREDA(ROHM Electronics Dalian Co.,Ltd)では、9月をCSR強化月間として全社を挙げてのCSR研修を実施し、2000名以上の社員が受講しました。


研修では、贈収賄禁止や知的財産権などの法令遵守を始め、採用、人事考課、労働時間管理、派遣社員管理といった人事諸制度の説明も併せて行い、良き社会人としての行動を再認識するとともにCSRの重要性を改めて理解してもらいました。


今後もロームグループ各社でCSRの意識をさらに高めるため、社員向けの研修を積極的に展開していきます。


REDA_training_2.jpg REDA_training_1.jpg