Rohm Newslanding

世界の高校生が集う Japan Super Science Fair に参加しまし た!

 

Japan Super Science Fair(JSSF)は地球温暖化や食糧問題など現在の社会が抱える様々な問題を解決するために、世界中から未来の科学者を目指す高校生が集まり、様々な考えや知識、夢を語り合うフェアです。

この活動は2003年の立命館高校主催によるRits Super Science Fairとして始まり、今年で11回目となります。また、文部科学省によるSuper Science High School科学技術人材育成重点枠事業のもと開催されています。

ロームは今年から高校生に対し講座を開催するサイエンス・ワールドに参加するとともに、ローム本社の企業見学の受け入れを行いました。

11月9日に開催したサイエンス・ワールドでは、ロームのセンサーネットワークについて説明し、その後高校生たちにセンサーを用いた未来社会についてグループでアイデアをまとめ、発表してもらいました。様々な国から集まった高校生からユニークなアイデアが発表されました。

 


11月11日に実施したローム本社での企業見学では、冒頭に高須常務取締役からウエルカムスピーチとロームの先進技術について紹介しました。
企業見学では日本のモノづくりの現場を実際に見ていただき、参加した高校生から技術的なことから将来のことまで多くの質問をいただきました。

 

 




ロームは今後も次世代のエンジニアを目指す子どもたちに継続的な教育支援をすることで社会に貢献していきます。