Rohm Newslanding

ローム本社及び国内生産拠点でCSR統括内部監査を実施しています!

ロームグループでは、「経営品質」を高めるため、EICC行動規範などの国際規範における労働・安全衛生・環境・倫理といったCSRに関する基準への準拠を確認するため、内部・外部の監査を受審し、CSR経営のPDCAサイクルを回しています。

2016年11月から12月の1カ月にわたり、ロームCSR室が主体となり、本社及び国内生産10拠点におけるEICCへの適合状況を確認するための「CSR統括内部監査」を実施しています。

監査では、関連する書類(各種方針、運用手順、実施記録など)を確認するドキュメント監査及び、社員が安全に作業ができる状態か、衛生状況が保たれているかなど、実際に現場に立ち入り確認するサイトツアーを行っています。

また、指摘した改善点や先進的な取り組みは水平展開し、ロームグループ全体のレベルアップを図る予定です。

今後もロームグループでは、継続的に監査を実施することでCSRマネジメントシステムの強化に取り組み、経営品質の向上に邁進していきます。

〈実際のCSR統括内部監査の様子〉

CSR統括内部監査
CSR統括内部監査