Rohm Newslanding

ローム本社が「CSR調達報告会」を開催しました。

ロームグループはCSRの推進にあたって、事業プロセスに関わるすべてのお取引先様を含めた、サプライチェーン全体で取り組むことが重要であると考えています。

2015年12月9日、お取引先様102社162名をお招きし、CSR調達報告会を開催しました。これは2013年6月のCSR調達推進説明会につづく2回目の開催となります。

報告会では、管理本部・CSR本部の山﨑本部長のあいさつをはじめ、CSR室の村井室長がロームグループのCSR及びCSVの取り組みについて説明しました。また、調達部の福島統括課長からは、ロームグループのCSR調達活動と今後の課題について説明しました。

さらに、生物多様性とCSR調達に関して著名な株式会社レスポンスアビリティ代表取締役の足立直樹氏をお招きし、新しいビジネスルールのとしてのCSRとCSR調達の重要性について講演いただきました。

この報告会には、ロームグループ国内生産拠点およびラピスセミコンダクタグループから、CSR推進責任者と購買責任者、計17名が同席し、CSR調達に関する情報や方針等を共有しました。

今後は、CSR調達報告会を国内外のロームグループの各拠点に水平展開していくとともに、個々のお取引先様のCSRおよびCSR調達の手助けになるような活動をこころがけ、一緒になって強固なサプライチェーンを構築し、お取引先様との「信頼」と「相互繁栄」を築いていきます。

CSR調達報告会の様子

CSR調達報告会の様子